白肌に赤リップ「オルチャンメイク」って何?

2017年に中高生の間でヒットしたYouTube

中高生はYouTubeでどんな動画を見ているのでしょうか
中学生の「将来なりたい職業」にYouTuber(ユーチューバー)がランクインするほど、中高生にとってYouTubeは身近な存在です。大人もついつい見続けてしまうYouTubeですが、中高生はYouTubeをどんなふうに楽しんでいるのでしょうか。

「YouTubeがないと生きていけない」

この連載の一覧はこちら

「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に「インスタ映え」が選ばれるなど、2017年は写真共有アプリ「Instagram」の人気が際立つ1年でした。とはいえ、使用頻度の多いアプリとして中高生に根強い人気を保っているのが「YouTube」です。

デジタルアーツが3月に発表した「未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査」によると、小学4年生以上から高校生の男女の「使用頻度の高いアプリ」に、YouTubeは2015年からLINEに次ぐ2位をキープしています。SNSに夢中になっているイメージの女子高生に限定しても、LINE(96.1%)、Twitter(83.5%)に次ぐ3位にYouTube(79.6%)がランクインしています。

では、女子高生はYouTubeで何を視聴しているのでしょうか。「YouTubeがないと生きていけない」という女子高生は、1日中YouTubeを見ているそう。特に見るのは、メイクの手順を紹介している動画だそうです。

メイク動画

YouTubeに配信されているメイク動画は、流行のメイク方法を動画で紹介しています。メイクの手順を教えているのは、プロのメイクアップアーティストだけではありません。一般の人が、近所で手に入る安価なコスメを使ってメイクを行うので、参考にしやすいのです。使っているコスメのメーカーや型番も紹介しており、化粧品レビューの視点で紹介している動画もあります。アイメイクやチークの入れ方だけでなく、市販のカラーリング剤を使って髪を染める動画やヘアアイロンを使ってセットする方法など、検索すれば大量のハウツー動画を見ることができます。

次ページ「オルチャンメイク」は根強い人気
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。