「オーダーメイド香水」がひそかに盛り上がる訳

「推し」をイメージした香水までブームに

オーダーメイドの香水が流行しています。その理由は?(左写真:Dance提供、右写真:ヤマネコ提供)

香水をつける人、つけない人――。香りの好みも人により大きくわかれるところだが、そうした中、今にわかに「オーダーメイドの香水」が人気を博している。

購買層の中心は、20~30代の、いわゆるミレニアル世代だという。いったい何が起きているのか。そこからは新たなニーズも見えてくる。

「年齢600歳」をイメージした香水?

「異変を感じ始めたのは4~5年前」と、オリジナルの香りを販売するDanceの店長である福田安里さんは振り返る。

福田さんは、キャリア20年の調香師だ。2010年からインターネットで香りをオーダーメイドできる事業を始めた。ウェブ上で記述式を含むいくつかの質問に回答してもらい、その回答をもとに、その人のイメージに合った香りを個々にブレンドしている。

Danceで商品をオーダーすると、香りの内容とメッセージが記載されたカードとともに届く(写真:Dance提供)

当初、注文の多くは自分用の香りだったが、2015年頃からプレゼント用の注文が増え始めた。そうした中、「腰まで金髪」「18歳。1日中着流しで過ごす」など、ちょっと変わった記述も目につき始めたという。あるとき驚いたのは「年齢600歳」という記載だった。「私の知らないところで何かが起きていると確信した」と福田さんは振り返る。

調べてみると、人気のゲームやアニメのキャラクターなど、自分の「推し」のイメージを表現する「推し香水」なるものが一部で流行していることが判明。ナゾの記述は、そのキャラについてのイメージだったのだ。

Dance店長の福田安里さん。神戸の北野異人館にある「香りの家オランダ館」でトップ調香師として10年に渡り活躍。2010年に独立し、対面やインターネットを通じてオーダーメイドの香りを提供している。
(写真提供:Dance)

そして現在、この推し香水の注文が全体の8割を占めるまでに。推しはゲームや漫画の登場キャラの他、実在の俳優やアイドルが多く、「以前注文した主人公キャラには親友がいるので、ペアリングで」「アイドルグループ全員分」といったリピートもよくあるという。

OL、教員、ドクターなど推し香水を求める層の職業はさまざまだが、20~30代の女性がメイン。SNS世代の彼女たちはツイッターやブログで「推し香水作りました!」と体験談を発信する。その体験談がバズるたびに特需が発生し、認知は拡大していった。2018年は多いときで1日約370件の注文が入り、その月は前年比10倍の売り上げに。一時は3カ月待ちになるほどで、今も1カ月待ちの状態が続く。

次ページ果たしてオーダーの精度は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT