家飲みで試したい「絶品おつまみ缶詰」はコレだ

人気缶詰を作る有力2社に聞いてみた

自粛生活で家飲み需要が増え、缶詰の売れ行きが好調だ。なかでも高価格な缶詰が人気だという理由を、明治屋と国分に伺った(写真:国分グループ本社、明治屋提供)

新型コロナウイルス問題による自粛生活で、家飲みが日常の1コマとなった人も多いだろう。そんな中、酒の肴(さかな)として消費者に熱烈に支持されたものの1つが、「おつまみ缶詰」だ。

「低価格の保存食品」というイメージが強かった缶詰だが、2013年頃から「おつまみに特化した高価格帯の缶詰」が増えている。

この「おつまみ缶詰」市場を牽引するのが、「缶つま」シリーズを製造する国分グループ本社だ。その後、食品スーパーの明治屋も「おいしい缶詰」という定番ブランドを確立。両社とも、自粛要請に伴ってこれら缶詰の売り上げが伸びたという。

緊急事態宣言は解除されたものの、「新しい生活様式」を求められる中、家で飲む傾向はまだ続きそうだ。そこで、家飲みファンが選ぶ商品や、人気の缶詰活用レシピについて両社に聞いてみた。

酒飲み御用達「缶つま」の人気ベスト3は?

国分の「缶つま」は、2010年に発売され、ピーク時の2014年頃は年間30億円の売り上げを記録。2008年のリーマンショック以降、家飲み需要が拡大しているという背景も後押ししているが、酒が好きな人をターゲットにした明確なマーケティングが当たり、富士経済の2019年の調査でもおつまみ缶詰カテゴリーで首位となった。

おつまみ缶詰の人気の火付け役である「缶つま」(写真:国分グループ本社)

コロナの影響下で3月の売り上げ金額は前年比130%、4月は前年比140%、とくにネット販路で伸びたという。

次ページ500円前後の価格帯を中心とした70種類を展開
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT