ゴルファーの夢「エイジシュート」の醍醐味

シニアゴルフでは何度も達成の瞬間が訪れる

たとえばパー54のショートコースなら、筆者も可能性があるかもしれないのですが?とたずねると、「あくまで(個人的な)ゲームとしてなら構わないと思います」と苦笑いし「今回の大会では距離を短くした部門も新設します」と話した。

「これからは団塊の世代がエイジシュートを狙える年齢になってきます。飛ばなくなって、パーオンできなくなって、つまらなくなってゴルフをやめる。友人が行かなくなると、自分も行かなくなる。それはゴルフ界にとってよくないと思います。4800ヤードぐらいのコースであれば、エイジシュートを目指すという楽しさを味わえると考えました。シニアの方々がゴルフ場に出かける目標になるようにしたい」というのが、男子4800ヤード以上、女子4000ヤード以上とコースを短く設定した「チャレンジ部門」だという。

先述した条件には当てはまらないが、認定証はもらえる(楯はなし)。予選参加費3000円とゴルフ場のプレー費がかかるが、挑戦したい方はまだ間に合うかもしれないので問い合わせをしてみてはいかがだろう。

無理な夢ではないことも楽しみになる

「ハードルを下げることで、ゴルファーの励みになるようにしたい」というのが、協会の考えでもあるそう。「たとえば、30代、40代の方にはハーフ(9ホール、パー36前後)で認定することも考えています」という。筆者は年齢的に合わないので残念だが、パー72の半分ぐらいの年齢の方なら、18ホールでのエイジシュートまでの途中目標として、達成感はあるかもしれない。

ただ、あまりハードルを下げ過ぎては「夢」ではなくなってしまう。

「そのあたりをどう決めるかが必要だと思います。ただ、無理な夢ではないということも、ゴルフをする楽しみになるのではと思います」と稲田代表理事。「夢」が少し近づいている気のする方、初夢で見られるかもしれない。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT