ゴルファーの夢「エイジシュート」の醍醐味

シニアゴルフでは何度も達成の瞬間が訪れる

たとえばパー54のショートコースなら、筆者も可能性があるかもしれないのですが?とたずねると、「あくまで(個人的な)ゲームとしてなら構わないと思います」と苦笑いし「今回の大会では距離を短くした部門も新設します」と話した。

「これからは団塊の世代がエイジシュートを狙える年齢になってきます。飛ばなくなって、パーオンできなくなって、つまらなくなってゴルフをやめる。友人が行かなくなると、自分も行かなくなる。それはゴルフ界にとってよくないと思います。4800ヤードぐらいのコースであれば、エイジシュートを目指すという楽しさを味わえると考えました。シニアの方々がゴルフ場に出かける目標になるようにしたい」というのが、男子4800ヤード以上、女子4000ヤード以上とコースを短く設定した「チャレンジ部門」だという。

先述した条件には当てはまらないが、認定証はもらえる(楯はなし)。予選参加費3000円とゴルフ場のプレー費がかかるが、挑戦したい方はまだ間に合うかもしれないので問い合わせをしてみてはいかがだろう。

無理な夢ではないことも楽しみになる

「ハードルを下げることで、ゴルファーの励みになるようにしたい」というのが、協会の考えでもあるそう。「たとえば、30代、40代の方にはハーフ(9ホール、パー36前後)で認定することも考えています」という。筆者は年齢的に合わないので残念だが、パー72の半分ぐらいの年齢の方なら、18ホールでのエイジシュートまでの途中目標として、達成感はあるかもしれない。

ただ、あまりハードルを下げ過ぎては「夢」ではなくなってしまう。

「そのあたりをどう決めるかが必要だと思います。ただ、無理な夢ではないということも、ゴルフをする楽しみになるのではと思います」と稲田代表理事。「夢」が少し近づいている気のする方、初夢で見られるかもしれない。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT