ゴルファーの夢「エイジシュート」の醍醐味

シニアゴルフでは何度も達成の瞬間が訪れる

プロゴルファーにとってもエイジシュートは特別らしい。今年の「日本シニアオープン」で68をマークした68歳の海老原清治は「プロでも出る人は出るけど、出ない人は出ない。ドキドキしちゃうんだよ、成立しそうになるとね。でも、その緊張感がいいし、目標があるから若くなれるんだよ。この歳で1センチでも2センチでも飛ばしてやろうと思っているんだから」。

小川にしろ、海老原にしろ、エイジシュートの目標があるから健康管理をし、技術も向上させようとする。しかも、たいていの試合で5万~10万円程度の「賞金」がでて、表彰される。プロの世界でもエイジシューターは特別な存在であり、プロフェッショナルの証でもある。

ゴルフをする元気なシニアを作るには

では、アマチュアは難しいのだろうか。「エイジシュートで生涯ゴルフ」をキャッチフレーズにしている一般社団法人「日本エイジシューター協会」に話を聞いてみた。

協会では、エイジシュートの認定・公認を行っている。稲田賢一代表理事は「目的は、ゴルフをする元気なシニアを作ること」という。認定するには、条件がある。男子は6000ヤード以上、女子は5000ヤード以上のコースで達成すること。そのスコアカードに同伴していた人(マーカー)がサインをして、年齢を証明する書類と一緒に協会に送れば、認定証と盾が授与される。会員(年会費1万2000円)は無料、会員外でも1500円で楯と認定証を手にできる。

現在、協会認定のエイジシューターは36人。エイジシュートに挑戦する公式大会も実施している。「全日本エイジシューターマスターズゴルフ選手権」(スポーツ庁後援)で、自分の年齢をハンディキャップにする大会の中で、エイジシュートに挑戦する。今年は12月4日から来年1月9日までの間に関東、関西、中部の6会場で予選を行い、来春には決勝大会を行う。

以前、ゴルフ仲間の友人から「エイジシュートは距離とかパーなど正式な規定はない」と聞いたことがあった。稲田代表理事によると「歴史的には詳しいことは分かりません。我々の協会として認定する条件が、設定したコースの距離ということです」という。

次ページ団塊世代がエイジシュートを狙える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT