合格しても登録なくして業務は開始できない

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第74回)

4度目でつかんだ栄冠

2007年1月末、いよいよ4回目の行政書士試験の結果発表がありました。前年11月の試験の手応えはよかったものの、記述式の部分点に結果は左右されるため、恐る恐る合否通知書を開けると「合格」の二文字が目に飛び込んできました。思わずガッツポーズです。

行政書士試験の合格基準点は例年、試験全体の得点が300点満点中180点以上、かつ最低基準として法令等科目が244点満点中122点以上、一般知識等科目が56点満点中24点以上の者です。

したがって社労士試験のように、年度の難易度のバラツキによる基準点の上下、科目別の最低基準の救済はありません。全体の6割以上、かつ最低基準として法令等科目の5割以上、一般知識等は5肢択一式14問中6問以上が毎年の合格ラインです。

しかし、全体の2割と配点の高い法令等科目の記述式の採点で何点がつけられるかが、実質はその年度の救済になっているという指摘もあります。

私の得点は総得点が186点でなんとかセーフ、法令等科目の合計は150点、一般知識等科目は36点でした。前々年の3回目の試験では40点を獲得し、総得点を押し上げた記述式がたったの16点と冷や汗ものの合格でした。結果的には記述式以外の点数がよかったことと、悪かった記述式で少しでも部分点が取れたことが合格に結び付きました。

次ページ合格の喜びもつかの間
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。