4度目の社労士試験に向けてスタート

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第71回)

2007年も師走を迎え、資格試験への挑戦もまた仕切り直し。来年の本試験の頃には年齢も50代に突入し、記憶力は衰えるばかりですが、それでもめげずに4度目の社労士試験に向けて勉強を開始することにしました。

勉強法を変えず4度目のチャレンジ

「3回も落ちてよくあきらめませんでしたね」と聞かれることがありますが、今から思えば私も不思議です。一番の理由は「ここまで勉強したのにもったいない」という気持ちでしょうか。他にも、「とにかく合格しなければ何も始まらない」という意地、更に「行政書士、社労士の複数受験をしているのだから大変なんだ」という自分への言い訳、何回落ちても決して責めない家族の理解なども支えでした。

4度目と言っても、特に勉強方法は変更しませんでした。いわゆる基本書は、最初の受験から愛用しボロボロになってきた、LEC「出る順社労士2005年度版」。本来なら資格試験の参考書は、受験年度の版を買うが鉄則です。3年も前に出版されたものなど、絶対にお勧めできません。法改正や直近の過去問題が反映されていないからです。しかし、私は敢えて書き込みのある古いものを4年連続で使用しました。

そのため、法改正や最近の本試験の傾向など足りない部分は、月刊誌「社労士V」を引き続き定期購読して補いました。昨年度、このやり方で勉強し、合格まであと一歩のところまで迫ったので、今年も同じ戦略です。ただ、CD講座は1年間聞いて大体の感じはつかめたので、今年は節約することにしました。

次ページ自然農に挑戦する後輩
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。