パート社員の社会保険料を節約したい

プロに聞く!人事労務Q&A 

《 質問 》
パート従業員を社会保険へ加入させたくないので、パート従業員の勤務時間を正社員より少なく抑えています。しかし、ある正社員が急に退職してしまったことから、ここ数カ月はパート従業員に正社員と同程度の時間数働いてもらっています。あと2〜3カ月すれば、勤務時間を元の時間数に戻すことができると思いますが、このパート社員を社会保険に加入させなければなりませんか?(メーカー・労務担当)
回答者:鈴木社会保険労務士事務所 鈴木ひろみ

一過性であれば加入の必要なし

パートの社会保険への加入は、正社員と比較して1日の労働時間数が4分の3以上、かつ、1カ月の出勤日数が4分の3以上である場合に適用されます。

労働契約自体は、上記の要件に該当しない形で働いている場合でも、実際はそれぞれ4分の3以上であるということであれば、社会保険へ加入しなければなりませんが、労働時間等がそれぞれ4分の3以上となるのが、一過性のものであれば、社会保険へ加入させる必要はありません。

つまり、実際の労働時間等が、それぞれ4分の3以上となるのが、一過性のものではなく、一定期間でも恒常的に続くのであれば、社会保険へ加入させなければならないでしょう。

次ページパート社員の取り扱いには十分注意を
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。