パート社員の社会保険料を節約したい

プロに聞く!人事労務Q&A 

《 質問 》
パート従業員を社会保険へ加入させたくないので、パート従業員の勤務時間を正社員より少なく抑えています。しかし、ある正社員が急に退職してしまったことから、ここ数カ月はパート従業員に正社員と同程度の時間数働いてもらっています。あと2〜3カ月すれば、勤務時間を元の時間数に戻すことができると思いますが、このパート社員を社会保険に加入させなければなりませんか?(メーカー・労務担当)
回答者:鈴木社会保険労務士事務所 鈴木ひろみ

一過性であれば加入の必要なし

パートの社会保険への加入は、正社員と比較して1日の労働時間数が4分の3以上、かつ、1カ月の出勤日数が4分の3以上である場合に適用されます。

労働契約自体は、上記の要件に該当しない形で働いている場合でも、実際はそれぞれ4分の3以上であるということであれば、社会保険へ加入しなければなりませんが、労働時間等がそれぞれ4分の3以上となるのが、一過性のものであれば、社会保険へ加入させる必要はありません。

つまり、実際の労働時間等が、それぞれ4分の3以上となるのが、一過性のものではなく、一定期間でも恒常的に続くのであれば、社会保険へ加入させなければならないでしょう。

次ページパート社員の取り扱いには十分注意を
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。