入社直後の女子社員が産休・育休を取得?

プロに聞く!人事労務Q&A 

《質問》
今年4月に新卒で入社した女性社員のことで相談です。新入社員研修中の5月に妊娠が発覚しました。現在独身ですが、子どもが生まれる前に入籍するそうです。入社直後に妊娠した社員に対しても産休や育児休暇を与えなければならないのでしょうか? (不動産:人事担当)
回答者:半沢社会保険労務士事務所 半沢公一

結論から先に言いますと、法令に基づいた産前産後休暇について会社は取得させなければなりません。また、育児休業についても、女性社員から申出があった場合は、原則として拒否することができません。順を追って説明します。

1.妊娠中の母性保護

(1) 軽易業務転換の義務
 労働基準法では、「使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない。(労基法第65条第3項)」としています。これは、原則として、軽易な業務に転換させる趣旨ですが、新たに軽易な業務を創設して与える義務まで課しているものではありません(昭和61.3.20基発151号他)。

(2) 労働時間等の制限
 妊産婦(妊娠中の女性及び産後1年を経過しない女性)が請求した場合は、原則として、法定労働時間(1週間40時間、1日8時間)を超えて労働させることや法定休日及び深夜に労働させることができません。(労基法第66条第1項)。

(3) 保健指導や健康診査を受けるための時間の確保
 妊産婦に対しては、病院等に通院するために必要な時間を確保することができるようにしたり、医師や助産婦の指示により保健指導、健康診査を受けるための必要な時間を確保することができるようにしなければなりません(男女雇用機会均等法第12条、第13条)。

なお、妊娠中である場合は、下記のように妊娠週数の区分に応じ、必要な時間の確保が必要です。(医師等がこれと異なる指示をしたときは、その指示に従います)。

<妊 娠 週 数 期 間 と 回 数>
・妊娠23週まで--4週間に1回
・妊娠24週から35週まで--2週間に1回
・妊娠36週から出産まで--1週間に1回

次ページ入社1年未満では育休が取れないことも
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT