「残念な就活エントリーシート」の3大特徴

こじらせ系・低温系・目次系、あなたは大丈夫?

1. 自分のことを客観視しすぎる「低温系ES」

<before>
「ゼミでリーダーを任された際、コミュニケーションが必要だと感じていた。この経験で得たコミュニケーションスキルは、チームで共同する事が必須である社会人においても、非常に重要だと考えている。」

これは自分のことにもかかわらず、まるで他人事のように、自分の「状況説明」をしてしまっているパターン。もちろん自己分析において、客観的に自分の強み、持ち味を考えるのは大切なことですが、それだけでは書き手の想いや意志が伝わってきません。どうしてそう思うのか、どうしてその行動をとったのか、自身の想いや考えを記載しましょう。

上の例はこのように変えてみてはいかがでしょうか。

<after>
「ゼミでリーダーを任された際、私は、チームをまとめるためにはコミュニケーションが必要だと考えた。メンバー1人ひとりのモチベーションを保ちながら雰囲気を良くしていきたい、という思いがあったからだ。また、教授とメンバー間の接点が少なく、もっとお互いの意見をスムーズに交換できるようにしたいと思い、自ら調整役を担った。チームで共同する事が必須である社会人においても、この経験を活かしていきたい。

華々しくても考えや努力が見えないとダメ

2. 具体性のない話が並ぶ「目次系ES」

<before>
「私が部長になった時、部員が少なく廃部寸前だった。そこで私は新人勧誘に力を入れるため、勧誘期間に体験入部制度を作った。その結果、直近5年で最多の11人の新入生が入部し、部を存続させることに成功した。」

イベントの責任者やゼミのリーダーなど、重要なポジションについた学生に多いのがこのパターンです。「サークルで大きなイベントを成功させた」「ゼミのリーダーとして全体を取りまとめた」などの素晴らしい結果は書いてあるのですが、具体的に、書き手がどんな問題意識で、どんな行動をしたのかが分からないESになりがちです。

その結果を出すために、何を考えどう行動したのか、結果から何を学んだのか、エピソードを具体的に記すことが大切です。これらが書かれていて初めて、本人の強みや持ち味が伝わってくるのです。

先述の例は、私がかつて実際に目にしたESです。ここに書かれている結果は確かにすばらしいと思います。しかし、本人の考え、努力のほどが見えてきません。

このように変えてはいかがでしょう。

<after>
「私が部長になった時、部員が少なく廃部寸前だった。私は3年間過ごした愛着のある部を存続させたいと思った。そこで私は新人勧誘に力を入れ、勧誘期間に体験入部制度を作った。体験を通して新入生と部員が仲良くなれば、新入生が部の雰囲気に惹かれて、入部してもらえるのではないかと考えたからだ。その結果、直近5年で最多の11名の新入生が入部し、部を存続させることに成功した。」
次ページ強みを勘違いする「こじらせ系ES」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT