「残念な就活エントリーシート」の3大特徴

こじらせ系・低温系・目次系、あなたは大丈夫?

ES改善の過程で自己分析が深まり、内定につながった事例を1つ、ご紹介しましょう。

Aさんは、大学入学以来ずっと学業に打ち込んできた、成績優秀な女子学生です。しかし、人と関わるのが苦手で自分に自信がなく、「自分の取り柄は勉強だけ」と思い込んでいました。

彼女のESを見ると、すべての項目のエピソードが「勉強」にまつわるものでした。「どれだけ勉強に打ち込んできたのか」「論文を完成させるためにどうがんばったのか」が書かれていました。もちろん、勉強に打ち込むのはすばらしいことで、強みやエピソードにしていいのですが、念のため、他に打ち込んだもの、積極的に取り組んだものはないかと詳しく聞いてみると、「文房具店でのアルバイト経験」を話してくれました。

エピソードを掘り下げ具体的な話にする

その文房具店では、アルバイトが集客イベントを企画・運営していて、Aさんもイベントを自ら企画し、十数人の新規集客につなげていました。

予算内に収めるため、安い材料を探して仕入れたり、他のスタッフと一緒にPOPを作って告知したり、自分が仕切り役になって当日参加者をサポートしたりする、などといった経験をしていました。

このエピソードからは、「予算内で集客を増やす」という課題を乗り越える「課題解決力」、周りと協働する「巻き込み力」がリアルに伝わります。また「十数人の新規集客」という結果も出しています。「勉強だけでなく、この経験もアピールしては?」と勧めました。

始めは「小さなお店だし、新規集客といっても十数人だし…こんなエピソードでいいんでしょうか?」という反応でしたが、このアルバイト経験を軸にESを書き換えたところ、Aさんの強みがより的確に伝わるようになり、その結果、書類選考通過率も上がっていきました。

それまでは「人と接するのが苦手」という意識で、「内勤の事務」を志望していましたが、ESを書き換える過程で「課題を見つけ、解決策を考えるのが得意」「チームで1つのものを作り上げるのが好き」という、自身の志向も発見することもできたのです。志望職種をシステムエンジニアに切り替え、見事志望企業の内定を獲得しました。

Aさんのように、「こんなささいなこと」と思い込んでいることでも、アピール材料になるケースはあります。どんなに小さなことでもいいから、他人と比べず、今までがんばってきたこと、力を注ぎやり切ったことを思い出してみてください。そして、なぜそれに打ち込んだのか、どんな努力や工夫をしたのか、そしてそこから何を得たのかという「プロセス」を整理してみましょう。

次ページ大事なのはプロセスを伝えること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT