「エントリーシートの課題」が印象的な20社

文系1位は三井住友海上、理系1位は旭化成

就職活動時に求められるエントリーシートの形式は企業によってさまざまだ。手書きの提出を求める企業もある (写真:風見鶏 / PIXTA)

就職活動には大きくわけてふたつの関門がある。ひとつが面接、もうひとつが「エントリーシート(ES)」だ。

就活では自己分析や業界・企業・職種研究を進めて準備する。そこで考えた志望動機や自分のプロフィールを記載して企業へ応募する。その応募用紙(画面)がエントリーシートだ。文面で選んでもらえなければ、面接に進めない。だから学生は悩む。印象的な内容にするために、留学する者、サークルを作る者、ボランティアをする者もいる。学生時代のリアルなエピソードを、エントリーシートに盛り込もうと躍起だ。

各社の個性が出るエントリーシートの課題

「就職四季報」特設サイトはこちら

しかし、企業は、エントリーシートに課題を出す。求めるのはエピソードだけでなく、学生を楽にさせることはしない。難関な質問に遭遇して学生は驚く。その課題は、強く印象に刻まれ、記憶される。

では、どんな企業のエントリーシートの課題が印象にのこったのか、聞いてみた。紹介するデータは、HR総研が今年6月に楽天「みん就(みんなの就職活動日記)」と共同で行った、2018年卒業予定の就活生を対象にしたアンケート調査である。約2500人の就活生がひとり1票で、「エントリーシート(の課題)が印象に残った会社」を選んでもらった。同時にその理由も記載してもらっている。結果は文系学生、理系学生別に集計している。

上位の会社を紹介していこう。文系の1位は三井住友海上火災保険となった。理由は「たくさん書かされたから」(文系・中堅私立大)、「設問数が多かった。他社にはない切り口の質問だった」(文系・中堅私立大)と、書かねばならない量に驚いたようだ。

HR総研では、企業が出すエントリーシートの内容について調査しているが、2018年卒採用の三井住友海上火災保険の質問項目を見ると、下記のようになっている。

■三井住友海上火災保険のエントリーシート課題
「専攻テーマ(100文字以内)」
「体育会での戦績(50文字以内)」
「部活動での戦績(50文字以内)」
「サークルでの戦績(50文字以内)」
「その他課外活動の特筆すべき成果(50文字以内)」
「あなただけの一芸(50文字以内)」
次ページエントリーシートの質問が印象的な上位20社(文系)
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT