「残念な就活エントリーシート」の3大特徴

こじらせ系・低温系・目次系、あなたは大丈夫?

3. 強みとエピソードがズレ続ける「こじらせ系ES」

<before>
「私は常に知的好奇心に満ちあふれています。そのため研究室では、教授が勧める研究テーマだけでなく、つねに新しいテーマに挑戦し続けてきました。講演会や学会資料、海外の文献まで見識を広げ全員に共有。その結果、ゼミ生全員の知識を深めることに成功し、学内の研究発表会で優勝しました。」

「リーダーシップ」や「行動力」「論理的思考力」など、「就活マニュアルに書かれているような強み」を自分の強みとしてアピールする学生が多いです。しかし、その強みを裏付けるエピソードが、強みの説明になっていないケースがあります。上記は、自分の強みとして「好奇心」を挙げている例です。

このエピソードならば、さまざまな文献を集めた「情報収集力」や、自ら新しいテーマを見つけて挑戦する「向上心」を、強みとして挙げたほうがいいと思います。強みを勘違いしていたり、エピソードとズレてしまったりするケースが多く見受けられます。

「強み」の列挙だけでは説得力に欠ける

また、こうしたクセのある人は、1枚のESの中に、こうした「ズレ」を連発しまう傾向もあります。特徴と、その根拠になった“つもりのエピソード”が次々と繰り出されているけれど、複数の強みと複数のエピソードがもつれにもつれて重症化してしまう……。こうなってしまうと、修正もかなり難しくなってしまいます。

せっかく興味を持って物事に取り組んだ経験があるならば、その中で自分が何を発揮したのかを掘り下げていくと、より具体的な「強み」が表現できると思います。

<after>
「私には能力や意欲を高めるために挑戦し続けたいという「向上心」があります。そのため研究室では、教授が勧める研究テーマだけでなく、つねに新しいテーマに挑戦し続けてきました。講演会や学会資料、海外の文献まで見識を広げ全員に共有。その結果、ゼミ生全員の知識を深めることに成功し、学内の研究発表会で優勝しました。」

また、最近、自分をよく知る友人、知人に自分の強みを聞く、「他己分析」が推奨されていますが、それが「強み」と「エピソード」のズレにつながっている場合もあります。

他己分析をより有益なものにするには、「なぜ、そう思うのか」まで具体的に教えてもらうことが大切です。もし、「あなたはリーダーシップがある」と言われたら、「リーダーシップがあると思ったシーンは具体的にいつのどんなエピソードだったか?」まで掘り下げて聞くといいでしょう。また、できれば複数の人に聞いてみて、最も多かった意見を取り入れると、よりあなたらしいリアルな自己アピールにつながります。

次ページ自己分析が改善できた一例
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT