「ルビー」の奥深さをどれだけ知っていますか

この蘊蓄100章は思わず人に話したくなる

21. 聖書のなかにもルビーについて4カ所言及がみられる

22. ルビーの採鉱に関する最古の記録は2500年前に遡り、スリランカで「rathu kata」 と呼ばれていた

23. スリランカ産のルビーが西洋のジュエリーに登場したのは、エトルリア(紀元前600~275年)が最初

24. 紀元前10世紀にはソロモン王がシバの女王にスリランカ産のルビーを贈り、心を射止めたという伝説も残る

25. 古代ギリシャ・ローマでは軍神マルスが宿る護身の宝石とされ、戦場の兵士たちは病気・呪い・悪運などを防ぐお守りとしてルビーを身につけたという

26. 古代ビルマの戦士たちもルビーを皮膚の中に入れて、戦いに勝つためのまじないとしたと伝えられる

27. 古代インドのアーユルヴェーダにおいてはルビーの粉末を不老長寿の秘薬として用いたという記録も残る

28. 中世ヨーロッパでは、愛と情熱の象徴として婚約指輪に用いられた

29. 東洋ではルビーは「太陽の宝石」だと信じられていた

30. ルビーの主要産出国はミャンマー、スリランカ、タイ、ベトナム、カンボジア、タンザニアなど

価格高騰の傾向にあるミャンマー産のルビー

31. 最も高値で取引されるのがミャンマー産のルビー

32. ミャンマーのなかでもとくにモゴック鉱山で採取されるルビーは高品質かつ希少で最も価値が高いとされる

33. 近年は政府による鉱山の国営化や紛争の影響でミャンマー産ルビーの供給量は不安定化、価格高騰の傾向にある

34. 2000年以降、新たな産地として中国やマダガスカルで鉱山が発見されている

35. 最近ではグリーンランドの後退した氷棚から広大なルビー堆積層が発見されている

36. 2002年にはケニアのワセージス川でもルビーが発見されている

37. ルビーは約2億5000万年という歳月を経て、ようやく宝石としての形を成す

母岩に埋もれるルビー原石(コランダム)

38. ルビーの原石は玄武岩、変成岩、大理石等の岩石を母岩として育まれる

39. 母岩によっては、クロムのほかにチタンやイオンなどの不純物成分が取り込まれ、黒味や紫味を増す。ルビーが産出地により色の違いが現れるのはそのため

40. ミャンマーでは、海底に沈殿した堆積岩がユーラシア大陸とインド亜大陸に挟まれて大理石(接触変成岩)が生み出された。ミャンマーのルビーはこの大理石の中で育まれ、非加熱ルビーとして扱われる原石が多く産出される

次ページ価値に影響する最も重要な要素は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT