「大人の脳は成長しない」という大きな誤解

「勉強ができないのは遺伝のせい」もウソ

脳のことを「客観的に見る」(写真:cuteimage / PIXTA)

ある日のことです。あなたは、小さな子馬をプレゼントされました。頭もよさそうだし、足も早い。でも、子馬を育てるのはなかなか大変! 急にご機嫌が悪くなったり、急に元気に走り出したり。なかなか気まぐれだからです。

しかし、よくよく子馬を観察していくうちに、だんだんと性格やクセがわかってきました。そしてあなたは子馬の能力を、存分に発揮できるようにしつけることができました……。

脳はあなたの子馬、「客観的」に付き合おう

実は私たちは同じような経験をしています。この子馬は「脳」そのもの。自分のものであるにもかかわらず、脳というのは気まぐれで、思いどおりには動いてはくれないのです。

みなさんは、こんな経験ありませんか?

・「勉強しなくちゃ」と思っているのに、机の上を整理してしまう
・「この仕事をしなきゃ」とわかっているのに、メールチェックをしてしまう

 

そうなのです。脳は私たちが「思うようには」動いてくれないものなのです。ですから、私は「脳との付き合い方を変えましょう」と皆さんに伝えています。子馬を育てるような気持ちで、脳のことを「客観的に見る」ようにするのです。そうすることで、なかなか気難しい脳との付き合い方が、わかるようになってきます。

私の専門は脳の画像診断で、MRIという磁気を使った大きな装置で人々の脳の画像を取り、それをデータとして蓄積し、解析をしています。蓄積されたデータとともに、その方のほかの情報も同時に収集しています。血液や唾液から「遺伝子」情報を、認知力テストで現在の「認知力」を、睡眠時間、食習慣、運動時間、飲酒、喫煙、趣味など多岐にわたる「生活習慣」に関しての情報を集めます。こうすることで、「どのような(遺伝)体質の人が、どのような暮らしをすると、どのような病気になりやすいのか」といったことがわかるようになってきました。

次ページ脳はいつまでも成長し続ける!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。