「やる気はあっても動けない」自分を操るコツ

脳科学的に正しいやり方、教えます

「自分を乗せるためのコツ」をお教えします(写真 :わたなべ りょう / PIXTA)
みなさん、「やる気はあるのに動けない」「面倒くさくて、始められない」「予定どおりに終わらない」ということはありませんか?
スポーツ心理学者・メンタルカウンセラーで『「やる気はあるのに動けない」そんな自分を操るコツ』の著書もある児玉光雄氏が、「面倒くさい」「なかなか行動に移せない」という人に向けて、脳科学的に正しい「自分を乗せるためのコツ」をお伝えします。

マイナスな言葉はNG

自分を乗せるコツ1:「やる気を出せ ! 」より「やる気がなくてもいい」とつぶやく

私たちは無意識のうちに、なにげない言葉を毎日大量につぶやいています。

このつぶやきを心理学の専門用語で「セルフトーク」と呼びます。スポーツの世界でも、ビジネスの場でも、このセルフトークが重要な役割を果たします。

ここでひとつ重要なことがあります。それは、マイナスな言葉をつぶやかないということ。たとえば、やる気が出ない時に「もっとやる気を出さなきゃ!」「私ってだめだなあ」と発するのは逆効果です。なぜなら「やる気がない、だめな私」を自らに再認識させてしまうと、ネガティブな感情にとらわれ、ますます行動しづらくなるからです。そんな場合は、

「今はやる気がなくても大丈夫」「行動を起こせば自動的にやる気は生まれてくる」などと自分自身に語りかけましょう。

言葉は行動の導火線です。マイナスな言葉を口にすれば気持ちが萎縮し、消極的な行動しかできなくなります。一方、プラスの言葉をつぶやけば、気持ちが高まり、積極的な行動ができるようになります。当たり前のようで、意外と実践していない人が多いのではないでしょうか。

次ページ「声」にもやる気を高めるヒントがある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。