「やる気はあっても動けない」自分を操るコツ

脳科学的に正しいやり方、教えます

自分を乗せるコツ3:やる気を出す前に、まずは「取りかかる」

声かけのケースなどからもわかるように、「行動が感情を支配する」のです。多くの人は「感情が行動を支配する」と逆に考えているように思いますが、そうではないのです。

ですから、大切なのは、まずは「取りかかる」ことです。でも、興味や好奇心が湧かない作業に取りかかるのは、誰にとってもつらいこと。そんな時には、やる気ホルモンが分泌されていないので、「すぐやるべき」と頭ではわかっていても、体が動きません。そういう人におすすめなのが、次の作戦です。

①まずは取りかかる

②一定の時間を設定し、その時間内にはほかの作業をしない

③少しずつ、作業時間を延ばしていく

どんなにおもしろくない作業でも、続けているうちに集中力が湧いてきます。こうした現象を「作業興奮」と言います。何らかの行動を起こすことで、やる気ホルモンが分泌されやすくなるのです。

いつの間にか片付けていた…は「作業興奮」

みなさんにもこんな経験はないですか? なんとなく机の上を整理しているうちに、いつの間にか引き出しの中から、書類の仕分けから、不用品の片付けから、机回りをひととおり整理してしまった……。知らぬ間に興に乗って集中していく、おもしろくないと思った作業におもしろさが見えてくる、これが作業興奮です。

この興奮を得るためには、とにかく取りかかり、作業を一定時間続けることが大事です。でも、どうしても作業が続けられない人は、30分、40分と
時間を決めて、その間はほかの作業はしないようにすることです。一定時間、集中することができたならば、50分、60分と少しずつ作業する時間を延ばしていきましょう。

なお、創造的な作業や思考を要する作業は、たびたび手が止まるので、作業興奮の状態を作りだすのには向いていません。まずは単純かつ簡単作業から始めるのがいいでしょう。

次ページ自分を乗せるコツ4つ目
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT