「やる気はあっても動けない」自分を操るコツ

脳科学的に正しいやり方、教えます

自分を乗せるコツ5:優先順位順にひとつずつ「やっつける」
『「やる気はあるのに動けない」そんな自分を操るコツ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

最後に、「やりかけ」の仕事を減らす方法についてお話します。あなたには「やりかけ」の仕事が多くありませんか?あれもこれもと欲張りになると、逆に効率が落ちます。私たちが一度にできるのは1つだけと心得ましょう。

報告書を書いている途中で電話がかかってきたとしても、急用でない限りは、今やっている仕事を最優先して終わらせることが大切です。

しかし、「1つずつ丁寧に最後まで終わらせることが大切」ということはアタマではわかっていても、なぜか「やりかけ」仕事が増えてしまう。そんな人は、ちょっとした段取りで、「やりかけ」が「やり終わる」に変わります。それは実に単純な方法です。

「やりかけ」を「やり終わる」に変える方法

①やるべきことをすべて書き出す

②やるべきことに優先順位をつける

③順番どおりに 1 つずつ終わらせる

④終わったら、完了サインの線を引く

すべて書き出し、優先順位が同じ場合でも、あえて順位をつけることがポイント。そうして1つずつ順番にこなしていきます。

いかがでしょうか。ここに挙げたコツならば、「ちょっとやってみようかな」「これならできそう」と思えませんか?

まずは取りかかれる範囲で行動を起こし、徐々にやる気に火をつけていきましょう。

(イラスト:カツヤマケイコ)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT