「やる気はあっても動けない」自分を操るコツ

脳科学的に正しいやり方、教えます

自分を乗せるコツ4:「いつまでにどれくらい」を小刻みに設定する

目標を考える際、私は「引力目標」と「後押し目標」という言葉を使います。「引力目標」とは、たとえば100mを9.9秒で走ろうというような、数値化されたものです。選手はこの目標に引っ張られるように努力します。

さらに、目標達成には「いつまでに」という期限も必要です。これが「後押し目標」です。9.9秒という記録を達成するのは年内か、来年までか、それとも4年後か……その期限を定めることで、行動につながります。

大学時代にヨット部に所属していた私の娘から、こんな話を聞きました。ヨットを操る時、コーチが「力いっぱいロープを握れ!」と指示しても、クルーは力いっぱいには握れないそうです。ところが「10秒間握れ」と言われると、それに向かって頑張れる。つまり数字が入るか入らないかで、クルーの動きはまったく違ってくるのだそうです。

目標は小刻みに設定しよう

ですから目標は、できるだけ小刻みに設定したほうが行動に移せるようになります。ダイエットの計画を立てるとき、「1年間で12kgやせよう」と目標を設定するのと、「1カ月で1㎏ずつやせよう」と設定するのとでは、どちらが続けやすいと思いますか? 年間よりも月間の目標のほうが達成しやすいと思いませんか。さらにもっと細かく「1日30g」と設定できれば、日々クリアすること自体が楽しくなるかもしれません。

1年を通して何かに挑戦し続けられるほど、人間の意志は強くありません。実現が困難に思えてしまうような目標を掲げて、3日坊主に終わるくらいなら、より簡単に見える目標に置き換えてみましょう。

次ページ「やりかけ」の仕事を減らすには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT