ディズニーシーでバレる!残念な人の3欠点

「食事、行列…」本当に満足してますか?

これまで、二流に転落したディズニーシー来園者の恥ずかしい特徴というより、私が感じるディズニーシー側のサービス改善点を「下から目線」で謙虚に論じてきた「グローバルエリート」。

それでは、「一流のディズニーシー来園者」は、どのような人たちなのだろうか? 一流のディズニーシー来園者は、以下の特徴を満たしている。

【1】ディズニーシーの世界観の演出に貢献する

ディズニーシーの魅力は、言葉がなくても感じられる雰囲気やエネルギー、そして一体感である。一流の来園者ほど、その「言葉を超えた世界観」の演出に積極的に協力する。

ミッキーマウスの帽子を被ったり、キュートな海賊コスチュームがもはやプロのキャスト並みだったりと、ディズニーシーの雰囲気を大いに盛り上げることに一役買っているのだ。

一緒に来ていたシンガポールの友人は、「スタッフが『元お客さん』でファンの気持ちをわかっているから、来園者がファンタジーを楽しめるよう情熱と誇りをもって働いている」と語っていた。

確かに一部の「アカン・スタッフ」を除けば多くの場合、働いているスタッフの「来園者を感動させたい」という気持ちはつぶさに伝わってくる

そんな中、一流の来園者は「夢の国」にとけ込むどころか「自分もディズニーシーの世界観をつくる一員」だと高度な自覚を有している。

別におカネをかけてコスチュームを買う必要はないが、心のあり方として、「ディズニーシーの世界観を一緒につくり出す心意気」を有しているのだ。

次ページ「ディズニー論争」に終止符を打とう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。