企業と就活生、こんなにあった「すれ違い」

「高年収」「即戦力」は学生には魅力でない

企業側が訴えたいポイントと、学生が魅力に感じるポイントとは、大きなギャップがある (写真:kou / PIXTA)

新卒採用で学生を選考するのは企業。だが、その企業を志望するかどうかの選択権は、学生が握っている。企業は学生が求めている情報を本当に提供できているのだろうか?

「仕事が面白い」会社を学生は求めている

HR総研が2017年6月に行った「2018年新卒採用」に関する企業調査と、3月に楽天「みんなの就職活動日記」と共同で行った学生調査から、学生と企業の「仕事の魅力」「企業の魅力」などに関して、意識の一致度を調べた。すると企業と学生の間にギャップがあることがわかる。むしろ企業の方が学生をカン違いしているのかもしれない。

まずは「仕事の魅力」について見ていこう。学生に「仕事の魅力であなたが最も重視するものは何ですか」と聞いたところ、圧倒的に「仕事が面白そう」との回答が多かった。文系・理系や大学のレベルを問わず、約6割がそう回答している。

次ページ「若いうちから活躍」は魅力に感じず
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT