企業と就活生、こんなにあった「すれ違い」

「高年収」「即戦力」は学生には魅力でない

企業側が訴えたいポイントと、学生が魅力に感じるポイントとは、大きなギャップがある (写真:kou / PIXTA)

新卒採用で学生を選考するのは企業。だが、その企業を志望するかどうかの選択権は、学生が握っている。企業は学生が求めている情報を本当に提供できているのだろうか?

「仕事が面白い」会社を学生は求めている

HR総研が2017年6月に行った「2018年新卒採用」に関する企業調査と、3月に楽天「みんなの就職活動日記」と共同で行った学生調査から、学生と企業の「仕事の魅力」「企業の魅力」などに関して、意識の一致度を調べた。すると企業と学生の間にギャップがあることがわかる。むしろ企業の方が学生をカン違いしているのかもしれない。

まずは「仕事の魅力」について見ていこう。学生に「仕事の魅力であなたが最も重視するものは何ですか」と聞いたところ、圧倒的に「仕事が面白そう」との回答が多かった。文系・理系や大学のレベルを問わず、約6割がそう回答している。

次ページ「若いうちから活躍」は魅力に感じず
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT