企業と就活生、こんなにあった「すれ違い」

「高年収」「即戦力」は学生には魅力でない

企業側が訴えたいポイントと、学生が魅力に感じるポイントとは、大きなギャップがある (写真:kou / PIXTA)

新卒採用で学生を選考するのは企業。だが、その企業を志望するかどうかの選択権は、学生が握っている。企業は学生が求めている情報を本当に提供できているのだろうか?

「仕事が面白い」会社を学生は求めている

HR総研が2017年6月に行った「2018年新卒採用」に関する企業調査と、3月に楽天「みんなの就職活動日記」と共同で行った学生調査から、学生と企業の「仕事の魅力」「企業の魅力」などに関して、意識の一致度を調べた。すると企業と学生の間にギャップがあることがわかる。むしろ企業の方が学生をカン違いしているのかもしれない。

まずは「仕事の魅力」について見ていこう。学生に「仕事の魅力であなたが最も重視するものは何ですか」と聞いたところ、圧倒的に「仕事が面白そう」との回答が多かった。文系・理系や大学のレベルを問わず、約6割がそう回答している。

次ページ「若いうちから活躍」は魅力に感じず
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。