「ホウレンソウ」は、人の成長の芽を摘む

松井忠三・良品計画会長に聞く

──「報(ほう)(告)・連(れん)(絡)・相(そう)(談)」は、いらないとも書かれています。

これは成果が出ない。営業会議の指示の内容を1日ぐらい置いて店舗の末端のアルバイトやパートの人たちに聞いてみると、1割や2割しか伝わっていない。コミュニケーションはそんなものだと思ったほうがいいし、もともと報・連・相は人の成長の芽を摘む。

毎週30~40店舗を監査室が回って、経営の課題を同時に実地に見てきてもらう。その報告を月曜日13~14時に社長ミーティングで行う。このほうが現場で起こっていることがつまびらかにわかる。本部長も同席するから、その時点で指示が出る。最短のコミュニケーションで、最高執行責任者に見える化がされれば、悪い点はすぐ直せる。現場が直せれば顧客の評価は変わらない。報告会がいちばん確かな方法だ。

──商品開発の仕組みづくりは?

たとえばワールド・ムジというプロジェクト。世界のクリエーターと一緒に作る。ファウンド・ムジといって強烈なやつを探してくる仕組みもある。あるいは「くらしの良品研究所」のような、商品を開発する仕組みも持っている。個々の社員の頑張りだけでは勝ち抜けないから、仕組みにしないと。

──仕組みづくりは人材活用にも生きていますか。

人材委員会がある。人をどう合理的に育成・配置するかという、「永遠のテーマ」を扱う。部長は40人いる。40人の配置は、人材委員会で全役員が入って、部門エゴは許さず決めていく。人事データだから公表されることはないが、役員が替わってもこの仕組みは残る。

『無印良品は、仕組みが9割』
角川書店 1470円 221ページ

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。