徒競走でヒーローになる!たった3つのコツ

岡崎慎司が実践した「鈍足克服」トレーニング

たとえばモモあげを10メートルやろうとして、3メートルまで正確にできて、その後グダグダになってしまうようなら、残りの7メートルは意味のないものになってしまいます。その場合、まずは5メートルを正確にできるように練習したほうがいいでしょう。5メートルが正確にできるようになったら、また距離を延ばしていけばいいのです。そしてトレーニングをするときにはいつも、正しい姿勢をキープできているかな、腕はしっかりと振れているかな、モモは上がっているかななど、体がどう動いているかをチェックしながらやることが大切です。こうすることで、正しい走り方、体の動かし方を身に付けることができます。

これは1日何時間もやるようなトレーニングではありません。1週間に2回程度で構いませんので、続けることがポイントです。1回の時間は15分程度ですので、それほど無理なくできるはずです。

いかに正確にコツコツと積み重ねられるか

『岡崎慎司 カラダ覚醒メソッド』岡崎慎司がプロ入りから取り組んでいるトレーニングを43種類紹介(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

まだまだ、足が速くなるトレーニングにはいくつかの種類があり、体幹を鍛えるもの、筋力をつけるものなどを含めると、僕が取り組んでいるトレーニングはたくさんあります。そのどれもが今の僕を支えてくれているものです。

僕がプロに入って学んだ最も大きなことは、“正しいトレーニングを、地道にやり続けること”の大切さです。理論的に根拠のあるトレーニング、確実にプラスになるトレーニングを学んだら、それを信じて、いかに正確にコツコツと積み重ねられるか、これに尽きると思っています。

ただがむしゃらに走っていた中学・高校時代の僕に、これらのことを伝えることができたなら、もっと試合でゴールができただろうし、体育だって楽しかったかもしれない。徒競走でいつもヒーローになれたかもしれない。でもそれがかなわない今、足が速くなりたいなと思っている子どもたちや、スポーツを頑張っている子どもたちに、それを伝えていきたいなと思っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT