徒競走でヒーローになる!たった3つのコツ

岡崎慎司が実践した「鈍足克服」トレーニング

●姿勢

まず「姿勢」についてです。速く走るためには前に向かって力強い推進力が必要です。そう聞くと、前傾姿勢で走ろうとする人がいますが、それは正しい姿勢とはいえません。前傾しようとして猫背になったり、肩が体のラインよりも前に出てしまうと、骨盤が後ろに傾く傾向があり、重心が後ろに下がってしまうんです。そうすると気持ちばかりが前にでるがむしゃらな走り方になってしまい、一向にスピードが上がりません。

理想的な状態は、身体測定で身長を測るときにやる背筋を伸ばした姿勢。これが速く走るための基本姿勢となります。これは普段の生活から意識づけできますので、走るときはもちろん、歩くとき、階段を上り下りするときにやってみてください。

走るときの正しい姿勢。身長を測るときの背筋を伸ばした姿勢が理想

スキップやギャロップが効果的

●リズム

続いて「リズム」です。一瞬ピンとこないかもしれませんが、これも非常に重要な要素です。体の動かし方を突き詰めて考えていくとわかるのですが、人間は走るスピードを、パワーの出力とリズムによって変えています。特にリズムが大切です。誰しも経験があると思いますが、マラソンをしていて前の選手を追い抜こうと思ったとき、人間はどうするかというと、じつは動作のリズムをあげるんです。その意識を持って走ると非常にスムーズに体を動かすことができます。特に腕振りはリズムを生み出しやすく、その腕振りに合わせてモモをあげるタイミングを合わせると、よりリズミカルに走ることができます。

そのための練習として、スキップや、「タタン、タタン」と馬のステップのように走るギャロップが効果的です。これらのトレーニングでは腕を大きく振ることがとても大切です。「まじめにスキップをするのが恥ずかしい」なんて思っていいかげんにやっている子がいたら、足が速くなるチャンスを逃していることを伝えてあげてください。

大きく手を振って、スキップ。これも足が速くなるための練習の1つ
次ページ股関節の柔軟性を高める
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT