夏休み旅行先ランキング2013<世界編①> フランス、モロッコ、ベルギーの歩き方

✎ 1〜 ✎ 77 ✎ 78 ✎ 79 ✎ 最新
拡大
縮小

フランス人って、どんな人々?

楽しい思い出、腹立たし思い出が入り交ざっているが、フランスに来て何が一番よかったかというと、やはりフランス人の友達をつくってローカルのパリジャンだけが行くお気に入りのカフェに連れて行ってもらったことだ。

またホームパーティーに招待すると本当に、洒落いならないくらい美味しい素敵なワインを持ってきてくれること、また食文化に対するこだわりが強く、レストランを予約するときも本当に美味しいのか必死に吟味するし、注文するときもかなり真剣に一品一品選ぶし、どのワインを選ぶべきかコンシェルジュと長々と相談すること。

またオーダーの仕方も“私を驚かせて”とか変わった注文の仕方をするし、店員さんは目があってもなかなかオーダーを取りに来てくれないが、ワインの味を気に入らなければこれだけは素早く交換してくれることなど、こだわりのポイントがユニークなフランス人のチャーミングな皆さんとお友達になれたことだ。

フランス人は意外とシャイで、打ち解けるまでよそよそしく感じる。しかしいったん仲良くなると極めてハートフルで友情を友情で返そうとするし、政治や哲学の話になると強いこだわりと意見(というか偏見)をもっている。

彼女たちは経済や金儲けの話しかできない人よりも、文化や歴史・哲学の話をする人を尊敬する。自国文化に強い誇りを持っているが経済政策には失望しており、今やフランスという国はなくなった、絶対フランスでは働きたくないなどとうそぶく割に、結局フランスに誇りを抱いておりそこに舞い戻ってくる(ただし舞い戻ってきてもすぐストライキに入って働いてくれないのだが)。

親愛なる読者の皆様も、腹立つことと楽しいことの入り混じるフランスにお越しの際は、ぜひ笑顔でボンジュール、メルシー、ボナペッティ、オーボワを繰り返してフランス文化に敬意を表し、茶目っ気たっぷりのフランスの皆さんと(できるだけ英語に頼らず)交流を楽しまれることをお勧めしたい。 

なお、エールフランスを使われる際は、私が思うところの世界最低のサービス水準と無礼な対応及び、オーバーブッキングによるフライトの変更という信じられないトラブルに見舞われることを覚悟しておこう。フランス好きの私としては、国への入り口だけに、もう少し改善して欲しいのだが……。

本日は長くなってしまったので、夏休み前おすすめ旅行先ランキング続編は、次回コラムに譲りたい。

私は未だにフランスのレストランのスタッフの極めて非礼な態度には慣れないが、それでもユニークで豊かな歴史と文化を誇るフランスが大好きです。オーボワ!!

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT