夏休み旅行先ランキング2013<世界編①> フランス、モロッコ、ベルギーの歩き方

✎ 1〜 ✎ 77 ✎ 78 ✎ 79 ✎ 最新
拡大
縮小

モンサンミッシェルのオムレツを食べてはいけない

1000年前ごろにつくられ、ある時は修道院、ある時は監獄、ある時は要塞、と役割を変えてきたという、数あるフランスのお城でも最もユニークなモンサンミッシュエル。そこに売っている名物オムレッツは20ユーロもする割に単なる卵であり、中に入っている卵白のクリームも到底美味しいとはいえない。

看板に出ている綺麗な修道女のイメージのおかげで卵3つ分のオムレツを20ユーロで売れるのだから、人々がモンサンミッシェルのブランドに捧げるプレミアムの大きさが見て取れる。フランスはやたらと、“修道女がつくったワイン”とか“修道女がつくったビール”とか“修道女がつくったオムレツ”とか、なんでもかんでも修道女ブランドをつかって値段を上げようとするのだ。

ジヴェルニーの庭園で、お花畑に佇むグローバル・エリート

なおフランスは、単に広いだけでなく文化的な見どころが盛りだくさんである。私はノルマンディーにも上陸したし、またモネの愛した百花繚乱のジヴェルニー庭園にも滞在したし、シャンパーニュでドンペリをつくっているワイナリーも訪問したし、バルビゾンの有名なステーキレストランでミディアムといったのに完全にウェルダンで出てきたステーキも食べた。

オルセー美術館にも行ったしノートルダム大聖堂にも入ったし、セーヌ川のボートツアーにも参加したし、ヴェルサイユ宮殿の近所でポケットから携帯電話もすられたわけだが、そんな全部言われても行けないよ!というお花好きのあなたには、この写真をとったジヴェルニーをお勧めしよう。

次ページフランス人は意外とシャイ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT