なぜ「ホテルといえばヒルトン」なのか?

もはや外資とは思えない、親近感

東京だけでも、星の数ほどあるホテル。どれも大差ないと思ったら、大間違い。一歩足を踏み入れれば、そのホテルにしかない、魅惑のストーリーが展開している。
レジャーとしてのホテルを知れば、より日常が楽しくなるはず――。この連載では注目のホテルを訪ね歩き、知られざるホテルの物語を発掘する。
なにが「ホテルといえばヒルトン」とまで、世界中の人に言わせるのか?
インターコンチネンタルやマリオットといった国際ホテルグループは「グローバルオペレーター」と呼ばれる。ヒルトンホテルも、大手5グループの一角を占めている。外資系と言っても、メインの「ヒルトン」ブランドはラグジュアリーというほど超高級ではなく、手ごろな価格で泊まれるのが魅力。世界中どこへ行っても系列ホテルがあるため、ハワイなど海外旅行先でヒルトンに泊まった経験のある日本人も多いはずだ。
日本では50年前に、本格的な外資系ホテルとして初めて上陸したヒルトン。以後、大阪、舞浜、名古屋などへ展開し、現在では3ブランド10ホテルを運営している。年配層を中心に、「外資系ホテルと言えばヒルトン」のイメージを持つ顧客も多い。
特にここ数年は1~2年に1軒のペースでホテル数を増やしている。今年6月に日本進出50周年を迎えたのを機に、アジア地域での展開を加速する。来日した幹部陣に、「ヒルトン流」について聞いた。

世界中で「ホテルと言えばヒルトン」

――ヒルトンは日本に進出して50周年を迎えました。日本では外資ホテル=ヒルトンのイメージを持つ方も多いと思います。そもそもヒルトンとはいったい、どんな特徴を持つブランドなのでしょうか。

ロブ・パレッシ氏(ヒルトン・ホテルズ&リゾーツの運営最高責任者):BDRCという独立系調査会社のランキングでは、あらかじめ選択肢を与えずに「ホテルのブランドは?」と聞かれた場合、ヒルトンはいつも1番に来ます。世界中の人々、ロンドンでもニューヨークでも東京でも、アフリカの奥地でも、ヒルトンと聞けばホテルだということは全員がわかると言っても過言ではありません。

さらに「ヒルトンというブランドからどんなイメージを連想しますか?」と聞くと、非常にポジティブな回答が多い。親しみやすいとか、すばらしい体験を与えてくれるとの答えを、個人としても、あるいは「ウチの家族が言っているんだが」という形で表現されます。

次ページ続々増える、日本のヒルトン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。