なぜ「ホテルといえばヒルトン」なのか?

もはや外資とは思えない、親近感

――日本でもその印象が強いのですね。

ティモシー・ソーパー氏(ヒルトン・ワールドワイドの日本・韓国・ミクロネシア地区の運営責任者):われわれは日本で、地域に根差した従業員のチームを配置しています。グローバルブランドであるかどうかはさておいて、進出地域ごとに、お客様の期待に沿ってサービスを提供すること、革新(イノベーション)を続けること、そして継続的に投資を行っています。

マーチン・リンク氏(ヒルトン・ワールドワイドのアジア・太平洋地区社長):日本では10物件を持ち、部屋数でも外資では最大規模です。このスケールで日本全国をカバーしているのは私たちだけしかいません。このヒルトン東京でもこれから数年間で5000万ドルの設備投資を行います。商品、サービス、レストランなどに継続的に投資をしていることが、ナンバーワンを維持できる理由なのです。

ほかの外資より、日本をわかっている

――なぜ早くから日本に展開したのでしょうか。

リンク:われわれは国際的なホテル運営会社で、パイオニア精神を持って、他社に先駆けていろいろな活動をしてきました。東京を含むアジアの多くの都市でも、最初にホテルを開業してきました。最初は東京ヒルトンが赤坂へ。50年前の1963年6月オープンで、83年までの20年間の契約満了後、キャピトル東急の名称になっています。

今から50年前の1963年6月20日、日本で初めてのヒルトンが東京・赤坂で産声を上げた

その後、われわれは日本興和損保との合弁形式で4つのホテルを開設しました。新宿が84年、大阪が86年、東京ベイ(舞浜)が88年、名古屋が89年です。現在は日本には3ブランドあって、ヒルトンとコンラッド、ダブルツリーで、計10ホテルが各地に展開しています。

ソーパー:日本は戦略的に重要な市場です。経済的に重要なだけでなく、50年間、オペレーションしてきた歴史もあります。件数はあまり多くない印象をお持ちかもしれませんが、過去10年間に7軒ホテルを増やしてきました。

直近ではニセコビレッジ(08年)、次がヒルトン福岡シーホーク(10年)、沖縄のダブルツリーbyヒルトン那覇(12年)。世界最速の開業ペースの国ではありませんが、客室数は2倍になりました。福岡は1000室を超え(1052)、当社グループのアジア・太平洋のホテルで最大です。

――主なお客さんはどういった方でしょうか。

ソーパー:ヒルトン東京に関して言えば、お客の60%が国内から、40%が海外からです。海外は主にアメリカ、ヨーロッパ、そしてアジア内での移動です。ビジネス客とレジャー客の比率は半々です。

次ページ50年間、日本を見てきた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT