なぜ「ホテルといえばヒルトン」なのか?

もはや外資とは思えない、親近感

インドでは22軒の計画があり、ミャンマーにも第1号を出します。バングラデシュ、タイ、マレーシアにもホテルを追加していきます。インドネシアも今、ホテル開発のホット・スポットと言われており、もちろん展開しています。

――さらにグローバルな話をすると、5大グローバルオペレーター、ひとつはヒルトンですが、リッツ・カールトンとか良いブランドの売り買いとか、グローバルオペレーター同士の“メガ再編”とか、今後、起こりうるのでしょうか。

左からリンク氏、パレッシ氏、ソーパー氏

リンク:リッツ・カールトンは本当にトップの宝石のようなブランドですから、マリオットが売ることはないでしょう。

トップ5同士のメガ再編もないと思います。各社5~10のブランドをすでに持っているので、再編効果を出すのは難しいと思います。ただその下位の会社、7~8位とか10位台の1社がメジャー5のどこかに吸収されることはあるかもしれません。

――最近は香港資本(シャングリ・ラ、マンダリン、ペニンシュラ)が増勢です。彼らが再編のキーとなる可能性は?

リンク:可能性は低いですね。シャングリ・ラは株式の90%が大家族の所有ですから。今後、彼らは香港系からグローバル展開を今後追求していく段階です。

吸収合併の原理原則を考えれば、片方が弱っていて、それを吸収するとシナジー効果が出ますが、90%も所有していて独自でやっていきたいという会社の売り買いはないと思います。ペニンシュラも同じストーリーでしょうし、ジャーディーン系で統括されているマンダリンについても、売る必要がないと考えていると思います。

パレッシ:再編があるとすれば不動産会社。たとえばホテル・リートなどは吸収される可能性があるのではないでしょうか。5大プレーヤーが不動産系の企業を一部買っていくことはあるでしょうね。

(撮影:大澤誠)

 

筆者が手掛けた東洋経済オンラインのホテル連載が、電子書籍「1泊10万円でも泊まりたい ラグジュアリーホテル 至高の非日常」(小社刊)になりました。10万円以上するような部屋に泊まりたいと思わせるラグジュアリーホテルの魅力とはいったい何なのか。厳選9ホテルの総支配人たちが大いに語っています。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング