「自動運転なんて必要ない」と考えている人へ

ベンツで未来研究を行う社会学者に聞く

2025年、自動運転車が走り出したら世界はどう変わるのか? メルセデス・ベンツが2015年に発表した未来の高級自動運転車のコンセプト、「F015ラグジュアリー・イン・モーション」の開発を率いたアレキサンダー・マンカウスキー氏にカー・ガイ、清水和夫がインタビューした。
本稿は2016年10月発売の増刊号『GQ CARS Vol.2』に掲載した記事です
アレキサンダー・マンカウスキーは自動運転の夢を見るか!?──メルセデス・ベンツで未来研究を行う社会学者に聞く

自動運転で変わらなくてはならないのは人間

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

「2030年頃、公共の道路ではすべて自動運転になるだろう」。メルセデス・ベンツが自動運転時代を見据えて開発したコンセプトカー「F015ラグジュアリー・イン・モーション」の開発プロジェクトを牽引する社会学者、アレキサンダー・マンカウスキー氏はそう語った。この場合の自動運転とは自動ブレーキやレーンキープのような運転支援機能の自動化ではなく、発進から停止まで一連の運転行為の自動化を指す。つまり運転の主導権はシステム側にあり、人間は監視義務から解放され、スマートフォン操作などのセカンド・タスクを許された状態だ。

次ページ自動運転という「概念」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。