「自動運転なんて必要ない」と考えている人へ

ベンツで未来研究を行う社会学者に聞く

2025年、自動運転車が走り出したら世界はどう変わるのか? メルセデス・ベンツが2015年に発表した未来の高級自動運転車のコンセプト、「F015ラグジュアリー・イン・モーション」の開発を率いたアレキサンダー・マンカウスキー氏にカー・ガイ、清水和夫がインタビューした。
本稿は2016年10月発売の増刊号『GQ CARS Vol.2』に掲載した記事です
アレキサンダー・マンカウスキーは自動運転の夢を見るか!?──メルセデス・ベンツで未来研究を行う社会学者に聞く

自動運転で変わらなくてはならないのは人間

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

「2030年頃、公共の道路ではすべて自動運転になるだろう」。メルセデス・ベンツが自動運転時代を見据えて開発したコンセプトカー「F015ラグジュアリー・イン・モーション」の開発プロジェクトを牽引する社会学者、アレキサンダー・マンカウスキー氏はそう語った。この場合の自動運転とは自動ブレーキやレーンキープのような運転支援機能の自動化ではなく、発進から停止まで一連の運転行為の自動化を指す。つまり運転の主導権はシステム側にあり、人間は監視義務から解放され、スマートフォン操作などのセカンド・タスクを許された状態だ。

次ページ自動運転という「概念」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT