トヨタとホンダの「考える車」は何が違うのか

米「CES」で示された次世代コンセプト

トヨタの「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」

毎年1月初めに米国ラスベガスで開催されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)。「世界最大の家電見本市」というのが一般的な認識ながら、2010年代に入ってから、自動車の姿が目立つようになってきた。

世界の有力自動車メーカーが姿を見せた

今年はその流れに拍車が掛かっており、日本勢では従来から参加しているトヨタ自動車とホンダに日産自動車が加わった。もちろん日本以外のメーカーも、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)、フォード、BMW、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、ヒュンダイなどが顔を揃えており、サプライヤーもデンソー、ボッシュ、ヴァレオなど有力どころが一同に姿を見せていた。

シリコンバレー生まれのベンチャー企業、ファラデー・フューチャーが持ち込んだFF91

もちろん大部分のブースは家電製品をメインに据えているので、一部のメディアが報じる「ほとんどモーターショー」というのは言い過ぎだが、従来は家電中心で展示を行っていたメーカーさえ自動車に力を入れるようになっているという傾向はある。

自動車に焦点を絞れば、CESでの最近のトレンドは電動化と自動化だ。前者については今年、衝撃の1台が登場した。創業わずか3年というシリコンバレー生まれのベンチャー企業、ファラデー・フューチャーが持ち込んだFF91という名の市販電気自動車である。

次ページどのようなクルマなのか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。