トヨタとホンダの「考える車」は何が違うのか

米「CES」で示された次世代コンセプト

トヨタの「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」

毎年1月初めに米国ラスベガスで開催されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)。「世界最大の家電見本市」というのが一般的な認識ながら、2010年代に入ってから、自動車の姿が目立つようになってきた。

世界の有力自動車メーカーが姿を見せた

今年はその流れに拍車が掛かっており、日本勢では従来から参加しているトヨタ自動車とホンダに日産自動車が加わった。もちろん日本以外のメーカーも、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)、フォード、BMW、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、ヒュンダイなどが顔を揃えており、サプライヤーもデンソー、ボッシュ、ヴァレオなど有力どころが一同に姿を見せていた。

シリコンバレー生まれのベンチャー企業、ファラデー・フューチャーが持ち込んだFF91

もちろん大部分のブースは家電製品をメインに据えているので、一部のメディアが報じる「ほとんどモーターショー」というのは言い過ぎだが、従来は家電中心で展示を行っていたメーカーさえ自動車に力を入れるようになっているという傾向はある。

自動車に焦点を絞れば、CESでの最近のトレンドは電動化と自動化だ。前者については今年、衝撃の1台が登場した。創業わずか3年というシリコンバレー生まれのベンチャー企業、ファラデー・フューチャーが持ち込んだFF91という名の市販電気自動車である。

次ページどのようなクルマなのか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。