日産「ノート」が急にバカ売れし始めた理由

30年ぶりの快挙を支える新時代のエコカー

日産ノートの売り上げが好調な理由とは?

日産自動車「ノート」が1位を獲得

日本自動車販売協会連合会が発表した11月の新車乗用車販売台数ランキング(軽自動車除く)で、日産自動車のコンパクトカー「ノート」が前年同月比2.4倍の1万5784台を販売し、初の1位を獲得した。今年に入ってから首位を守り続けていたトヨタ自動車の「プリウス」も同2.2倍の1万3333台と好調だったが、ノートはさらにそれを上回った。

このニュースは、特に自動車業界関係者の間で驚きを持って受け止められている。日産車が登録車として月間トップを獲得したのが「サニー」以来、実に30年ぶりだったからだ。

サニーといえば、12年前の2004年に日本市場から消滅した4ドアセダンを中心とする大衆車ブランド。かつては日産を代表するクルマとして、トヨタの看板車種である「カローラ」とベストセラー争いを繰り広げたことは、「『カローラ』と『サニー』何が明暗を分けたのか」(8月24日配信)でも取り上げたことがあるが、それ以来の快挙なのである。

言わずもがなトヨタの国内乗用車販売は圧倒的な強さを誇る。カローラは1969年から33年にもわたってトップに君臨。近年はプリウス、アクアといったハイブリッド車(HV)を売りまくり、他の追随を寄せ付けていない。この30年間でトヨタにまともに土をつけたことがある乗用車は、ホンダのコンパクトカー「フィット」ぐらいで日産は長らく月間トップすら奪取できなかった。

次ページベストセラーの原動力になった理由とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。