日産「ノート」が急にバカ売れし始めた理由

30年ぶりの快挙を支える新時代のエコカー

リーフにはないポイントもある。エコモードやSレンジを選ぶと、アクセルを離したときの回生ブレーキが、国産車としてはかなり明確に効くことだ。

といっても唐突な反応ではないので、マニュアルトランスミッションのエンジンブレーキを知る人なら違和感はなく、慣れればマニュアル車のように、アクセル操作だけである程度の加減速をコントロールできる。

リーフ以上に力強い加速が味わえるだけでなく、マニュアル車のようなリズミカルなフィーリングも体感できる。エコカーはドライバーの気持ちとクルマの走りがリンクしていないのでつまらないというのが一般的な意見だが、ノートe-POWERは数少ない例外だった。

「ノートe-POWERニスモ」が発表された

12月8日に発表された「ノートe-POWERニスモ」

そんなキャラクターを強調する車種も登場した。日産のモータースポーツを担うニスモのレーシングテクノロジーをフィードバックした高性能版、ノートe-POWERニスモが12月8日に発表されたのだ。ボディやインテリアを精悍に装っただけでなく、ボディ補強やサスペンション強化を行ったうえに、コンピュータまでチューニングしたという本格派だ。

e-POWERの成り立ちは他のハイブリッド車と比べてシンプルであり、バッテリーを搭載する空間さえあれば、他の車種への展開は難しくなさそうだ。そしてなによりも、走りが楽しい。ノートに続く日産のベストセラーカー誕生も期待できそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT