インプレッサは、なぜプリウスに勝ったのか

日本カー・オブ・ザ・イヤー「一騎打ち」の裏側

一騎打ちを制したのはインプレッサだった(写真は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式ページより)

12月9日、今年の「年クルマ」を選出する「日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY:Car of the Year Japan)2016-2017」の最終選考会が行なわれ、スバル「インプレッサ スポーツ/G4」がイヤーカーに選ばれた。

輸入車部門はアウディ「A4」シリーズが受賞

COTYは1980年から開催されているが、スバルの受賞は2003年の4代目レガシィ(BP/BL)以来、13年ぶり2度目である。最も上位の輸入車に与えられるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーはアウディ「A4」シリーズが受賞した。

今年のノミネート車両は2015年11月1日から2016年10月30日までに国内で発表/発売されたモデルで、この中から1次選考で選出された10台のモデル(10ベスト)を対象に採点が行なわれる。今年度はニューモデルの登場は例年に比べて少なかったものの、どれもが各メーカーの次世代に繋がる基幹技術が盛り込まれたモデルが多かったように感じた。

実は筆者、今年からCOTY選考委員を勤めさせていただいている。本音を言えば、最終選考会に残った10台のモデル全てに10点満点を入れて上げたい気持ちではあるものの、採点にはルールがある。

1 持ち点は25点
2 最も高く評価した1台に10点を入れる
3 残りの15点を4台に配点する(ただし9点以下)

そして59人のCOTY選考委員による配点の最終結果が下記である。

1 スバル「インプレッサスポーツ/G4」 420点
2 トヨタ自動車「プリウス」 371点
3 アウディ「A4」シリーズ 149点
4 ボルボ「XC90」 145点
5 メルセデスベンツ「Eクラス」 114点
6 アバルト「124スパイダー」 107点
7 ジャガー「F-PACE」 106点
8 ホンダ「フリード/フリード+」 41点
9 日産自動車「セレナ」 11点
10 BMW 「M2クーペ」 11点
次ページ実はある意味「因縁の対決」だった
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。