「解雇の金銭解決」が労働者には不利な理由

使用者側が低コストでクビにできる仕組みだ

いろいろと懸念が残ります(写真:yacobchuk / PIXTA)

不当な解雇だと裁判で認められた場合、金銭で解決する――。

厚生労働省の「透明かつ公正な労働紛争解決システム等の在り方に関する検討会」が5月末に「透明かつ公正な労働紛争解決システム等の在り方に関する検討会」報告書をまとめた。報告書では、「解雇の金銭解決制度」が取り上げられ、今後、労政審で議論されていくと報道されている。

解雇の金銭解決制度というと不当解雇を受けた労働者にとって職場に復帰する以外の形での救済手段を認めるものであり、労働者側にとってもメリットがあるかのように考える人もいるかもしれない。ただ、そのような制度をわざわざ導入しなくても、現在でも解雇紛争においては金銭による解決は行われており、それなりに合理的な解決が実現している。

現状の解雇紛争の流れ

解雇の金銭解決制度という特別の制度をもたない現状において、どのようにして不当に解雇された労働者が救済されているのか。それは大きく7段階に分かれる。

(1)解雇通告

労働者は、ある日突然、会社から解雇を通告される。「明日から来なくていいよ」と言われたり、「君はクビだから、今すぐ帰りなさい」と言われるなどさまざまだが、とにかく解雇されることで会社から追い出されてしまい、働くことが事実上できなくなってしまう。

(2)労働組合、弁護士等に相談

解雇された労働者は、解雇に納得がいかない場合、労働組合や弁護士に相談をし、解雇が不当であることを訴えて法的措置をとることが検討される。もちろん、多くの労働者が泣き寝入りしている現実があることを忘れてはいけない。

(3)会社に対して、解雇無効、職場復帰を求める通知

解雇に理由がない場合、すなわち不当解雇であると考えた場合、労働者は、会社に対して解雇は無効であるから、いまだに労働者としての地位は失われていないこと、したがって、現時点においても労働者として働く意思を有していることを伝え、解雇を速やかに撤回するよう求める。

次ページ会社側が正当だといって譲らない場合は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT