景気の「長期停滞」を打破する最も有効な政策

消費を活性化するにはどうしたらいいか

消費を活性化するにはどうしたらいいのでしょうか(写真 : stpure / PIXTA)

長期間にわたって景気刺激策が必要なのはどうしてか

2007~2009年に世界金融危機が起きて以降、世界の主要中央銀行はゼロ金利政策を続けている。利上げ過程にある米国でさえ、短期金利は1%を下回ったままだ。主要国の国債利回り、すなわち長期金利も同様に低い。中央銀行の大規模緩和策に支えられ、各種株式指数は歴史的高値の水準にある。

このような景気刺激策が、これほど長期間にわたって必要なのは、どうしてだろうか。

世界金融危機にその理由を求めるのは、物事を単純化しすぎだ。10年米国債の利回り(長期金利)は、過去35年間にわたって着実に下落しており、金融危機の間も特段、例外的は動きはなかった。

インフレの影響を除いた実質金利も同様だ。実質金利を示す10年米国物価連動国債の利回りは2007~2009年の金融危機の間、一時的に3%に達したが、終盤にかけて2%近くへ低下。利回りはその後も下がり続け低位安定、今年5月時点で0.5%近辺にある。

これほど低い金利に、自らのおカネを10年も固定しておいてよいと人々が考えているということは、将来に対して悲観的な見方が根強いことを示している。「長期停滞」という言葉が広く支持されるわけである。

「長期停滞」という言葉は、サマーズ元米財務長官が2013年のスピーチで用いたものを、ノーベル賞経済学者で米ニューヨーク・タイムズ紙コラムニストのクルーグマン氏が紹介したのをきっかけに広まった。だが、用語自体は古くからあるもので、1938年に米ハーバード大学の経済学者、ハンセン教授が用いたのが最初だ。

次ページ世界の平均出生率も低下している
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT