景気の「長期停滞」を打破する最も有効な政策

消費を活性化するにはどうしたらいいか

消費を活性化するにはどうしたらいいのでしょうか(写真 : stpure / PIXTA)

長期間にわたって景気刺激策が必要なのはどうしてか

2007~2009年に世界金融危機が起きて以降、世界の主要中央銀行はゼロ金利政策を続けている。利上げ過程にある米国でさえ、短期金利は1%を下回ったままだ。主要国の国債利回り、すなわち長期金利も同様に低い。中央銀行の大規模緩和策に支えられ、各種株式指数は歴史的高値の水準にある。

このような景気刺激策が、これほど長期間にわたって必要なのは、どうしてだろうか。

世界金融危機にその理由を求めるのは、物事を単純化しすぎだ。10年米国債の利回り(長期金利)は、過去35年間にわたって着実に下落しており、金融危機の間も特段、例外的は動きはなかった。

インフレの影響を除いた実質金利も同様だ。実質金利を示す10年米国物価連動国債の利回りは2007~2009年の金融危機の間、一時的に3%に達したが、終盤にかけて2%近くへ低下。利回りはその後も下がり続け低位安定、今年5月時点で0.5%近辺にある。

これほど低い金利に、自らのおカネを10年も固定しておいてよいと人々が考えているということは、将来に対して悲観的な見方が根強いことを示している。「長期停滞」という言葉が広く支持されるわけである。

「長期停滞」という言葉は、サマーズ元米財務長官が2013年のスピーチで用いたものを、ノーベル賞経済学者で米ニューヨーク・タイムズ紙コラムニストのクルーグマン氏が紹介したのをきっかけに広まった。だが、用語自体は古くからあるもので、1938年に米ハーバード大学の経済学者、ハンセン教授が用いたのが最初だ。

次ページ世界の平均出生率も低下している
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT