イクメンになるとは「二軍落ちする」事なのか

短時間で生産性向上など、普通の男にはムリ

ワーママだけではなく、育児に携わりたい父親もまた、育児と仕事の二者択一を求められているのです(写真:ふじよ / PIXTA)
今回の相談
3歳児と1歳児の育児をしている会社員の男性です。昨年4月に妻が育休から復帰したのに合わせて、私は短時間勤務制度を利用することにしました。
保育園のお迎えを担当する予定だったのですが、短時間勤務中とはいえ、業務量はフルタイムの人と大して変わらず。結局、短時間で帰れることはほとんどなく、フルタイム時と同様残業しながら1年を過ごしました。
そこで、業務量の少ない職場への異動を希望しましたが、上司から「業務量の少ない部署に異動すると、もう花形部署には戻って来られなくなる。なんとか今の部署に踏みとどまったほうが良い」と言われてしまいました。
育児をとるか、出世や仕事のやりがいをとるか、二者択一を迫られているように感じます。育児も仕事も、両方において責任を果たすにはどうしたら良いのでしょうか。
タケオ(仮名)

出産後も働く女性が増えたのは、2010年以降のこと

まずは落ち着いてください。

この連載の一覧はコチラ。※読者の皆様から田中先生へのお悩みを募集します。「男であることがしんどい!」「”男は○○であるべき”と言われているけれど、どうして?」というお悩み・疑問がある方はこちら

タケオさんのご家庭は、お子さんが生まれてからも夫婦ともにフルタイムのようですが、そもそも出産後も働く女性が増えたのは、2010年以降とごく最近のことです。

まず、第1子出産後の女性の就労継続に関する統計を、年代別に確認していきましょう。

次ページ2000年代でもなお「出産=育児に専念する」だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT