結婚5年目「妻に餌はやらぬ」夫へのジレンマ

結婚生活は男女の「すれ違い」が出発点だ

共働き夫婦なので日々の生活での「割り勘主義」に不満はない。ただ、誕生日や結婚記念日などの特別な日すらプレゼントもごちそうもなくなってしまった今の関係性にどうしようもない寂しさを感じる。今回は、そんな結婚5年目の女性からのお悩みです(写真:polkadot / PIXTA)
今回の相談
女性ですが失礼します。
私は結婚して5年の夫がいます。付き合い始めてからでいえば8年くらいです。私の悩みは、夫が私にプレゼントをくれたり、ごちそうしてくれることがないことです。
付き合い始めた当初こそ、デートの際に彼が支払ってくれることは数回ありましたが、付き合いも長くなると基本的に割り勘主義で、結婚してからもそれは同様です。もっとも、共働きなので割り勘自体に特に不満はありません。
ただ、誕生日やホワイトデー、結婚記念日などの特別な日ですら、彼が私に一方的にお金を使ってくれることはありません。私がバレンタインにチョコをあげたら、ホワイトデーには同じくらいの値段のチョコをくれました。私が大きいプレゼントを贈れば、彼もその気になるかなと思い、欲しいものを聞いてみましたが、「欲しいものは特にない」とつれない返事です。
友人のSNSを見ると、何かの記念に夫から靴やアクセサリーをプレゼントされたり、誕生日をちょっといいレストランで祝ってもらっている写真がアップされています。それを見ると、私は夫からとびきりのプレゼントをもらう経験がないまま死んでいくのかなと思い、悲しくなります。
                              あかりん(仮名)

友達は、夫からプレゼントをもらっているのに…

まずは落ち着いてください。

この連載の一覧はコチラ。※読者の皆様から田中先生へのお悩みを募集します。「男であることがしんどい!」「”男は○○であるべき”と言われているけれど、どうして?」というお悩み・疑問がある方はこちら

男性に関する悩み事を考える連載なので、今回の女性からの相談でもオッケーです。問題の本質を見極めるためには、多様な視点が必要ですから、女性の男性に対する意見を聞けるのは大歓迎とすらいえます。

さて、あかりんさんのお気持ちはとてもよくわかります。確かに、SNSをチェックすると、嫌でもスマホ越しに知人の「充実した生活」が目に入ってきます。みんな自分の生活のいいところだけ切り取って、しかも、いくらか誇張して投稿しているのだから、真に受けてはダメだ、というのが一般的なアドバイスになるでしょう。しかし、こうしたことは、すでにご自身がよく理解していると思います。

次ページ「プレゼントをくれない」夫への不満の本質とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。