夫婦で「会話するだけで疲れる」根本的な原因

「なぜこんな事態に?」を漫画で検証

この連載の一覧はこちら
家事育児介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか大事だったはずの家族が「一緒にいるとつかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの? もしかしたら家族への「伝え方」を変えることで、状況は変わるのでは……?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載、今回は、夫婦の会話がテーマです。
会話とひとことでいっても、たとえば産後クライシスなどでモメにモメて会話自体が消えてしまった、用件しか話さなくなってしまった、家事分担などの話し合いの仕方がわからない、などいろいろな悩みがあると思います。ガッツリと真剣に話し合う会話についても今後とりあげようと思っていますが、今回は日常のちょっとした会話におけるストレス「会話するだけでつかれる」について考えてみました。

ちょっと聞いてほしかっただけなのに…

次ページ理路整然と言われても…!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。