夫婦で「会話するだけで疲れる」根本的な原因

「なぜこんな事態に?」を漫画で検証

この連載の一覧はこちら
家事育児介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか大事だったはずの家族が「一緒にいるとつかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの? もしかしたら家族への「伝え方」を変えることで、状況は変わるのでは……?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載、今回は、夫婦の会話がテーマです。
会話とひとことでいっても、たとえば産後クライシスなどでモメにモメて会話自体が消えてしまった、用件しか話さなくなってしまった、家事分担などの話し合いの仕方がわからない、などいろいろな悩みがあると思います。ガッツリと真剣に話し合う会話についても今後とりあげようと思っていますが、今回は日常のちょっとした会話におけるストレス「会話するだけでつかれる」について考えてみました。

ちょっと聞いてほしかっただけなのに…

次ページ理路整然と言われても…!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。