星のや軽井沢の客が、やけに活動的な理由

夏も冬も、内も外も!終わりなき”カイゼン”

夏も冬も「動いて楽しい」宿にする

――まだまだ夏のハイシーズンですが、これからホスピタリティで強化したい部分などはありますか?

やはり、お客様がもっとくつろいでいただけるようにと考えています。お客様が部屋にこもるのでなくて、もっと自由に歩いて楽しめる「動いて楽しい星のや」を作らないといけない。

京都で総支配人をしているときに思ったのは、お客様はやはり伝統の深さを知りたいと思われている。でも、一般観光客として入ってこられて、そうそう深みは学べないんですよ。なので、その窓口に星のやがなりたいと思って、聞香とか、普通の人にできないお茶とか、普通の人が入れないお寺の見学、などをアクティビティに取り入れています。

夏には夏の、冬には冬の楽しみを入れる

お客様が避暑で来るということは、やはり休み、くつろぎがコンセプトとして重要です。どんなスパを作るか、どんなくつろぎアクティビティをするかといったことです。

たとえば今だったら、30代から50代の男性には走ってもらうとか、小さな山を登っていただくとか。身体をリフレッシュさせて、交感神経の集中力をガーっと高めていただき、帰ってきて温泉に入ったあとに、スパをすると、副交感神経がとってもよく働きます。くつろいでいるのに、集中できるようになります。

――そこまで考えられているのですね。

星野リゾートのグループには、動植物の専門家チーム「ピッキオ」が自然のインタープリター(翻訳家)として森の中を案内してくれる「ネイチャーウォッチング」があります。現代人は目が疲れているから、「ネイチャーヒアリング(聞く)」とか「ネイチャースニージング(においをかぐ)」「ネイチャータッチング(触れる)」できないか「ピッキオ」に確認したら、できるようなので、それを近々、公開しようと思っています。

この施設の外には、冬に天然の氷が張るスケートリンクがあって、前の冬から再開したらお客様に楽しんでいただけました。今年は夜もできるようにしたい。「夜、スケートしたあとに(お酒を)飲みたいよね」という話になり、その準備も開始しています。完成するとお客様の冬の行動領域が増えます。

夏には、天然の蛍がたくさん見られるところもあります。今は仮設の階段をつけただけですが、来年は「蛍バー」にしようかなと思っています。蛍を見るとウキウキしますよね。そこでもお酒が飲めたら、もっといいんじゃないかなと思っています。

(撮影:今井康一)

 

筆者が手掛けた東洋経済オンラインのホテル連載が、電子書籍「1泊10万円でも泊まりたい ラグジュアリーホテル 至高の非日常」(小社刊)になりました。10万円以上するような部屋に泊まりたいと思わせるラグジュアリーホテルの魅力とはいったい何なのか。厳選9ホテルの総支配人たちが大いに語っています。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT