横浜・中村紀、40歳でもフルスイングの理由

ポジティブを貫く「勝者のメンタリティー」

プロ入りからフルスイングを貫く中村紀。写真は、プロ入り初本塁打を放った1992年6月18日の打席(写真:日刊スポーツ/アフロ)

ベイスターズ躍進を支える、移籍組

長らく業績の伸びていない組織に属していると、低迷している状態を当たり前のように受け入れてしまい、所属メンバーは“初心”を忘れがちになる。仕事を始めた頃は夢や希望に満ちあふれていたものの、いつしかモチベーションが低下し、自身と組織の低空飛行に疑問を抱かなくなるのだ。

1998年のプロ野球で38年ぶりの日本一に輝いた横浜ベイスターズ(現DeNA)だが、2002年からの11年間でセ・リーグの最下位に9度沈んだ。最たる理由は、雪崩のような戦力流出と世代交代の失敗だった。

ところが、今季は92試合終了時点で3位に着けている。チームを牽引しているのは、他球団から移籍してきた面々だ。投手陣では2012年に巨人から加わった藤井秀悟が先発ローテーションの中心となり、打線では中日から加入して1年目のトニ・ブランコが猛打を発揮している。11年途中に入団し、今年5月に史上43人目の2000本安打を達成した中村紀洋の活躍も見逃せない。

三者三様に異なる色を加えている中、「勝者のメンタル」が不可欠と説くのは中村だ。筆者が『月刊事業構想』の取材で訪れた際、近鉄と中日で優勝経験のある右打者は、5年連続で最下位のDeNAがクライマックスシリーズに進出するには“初心”が必要と話していた。

「小さい子どもたちのように、楽しく、必死になってボールを追いかけなければならない。ボール1球への執着心、集中力。基本ですね。これまでクライマックスに出られなかった理由を考えると、集中していない、ハングリーさがない、必死さがない。そういう選手がひとりでもいるとダメ。選手は個人事業主だけど、野球は団体スポーツ。ひとりでも空気を乱すようなプレーや態度を見せると、絶対に勝てない」

次ページ睡眠時間を削って動画をチェック
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • コロナショック、企業の針路
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT