横浜・中村紀、40歳でもフルスイングの理由

ポジティブを貫く「勝者のメンタリティー」

左手首の負傷は、勲章

若かりし日の中村は、思い切りバットを振ることで不安を解消していたという。再び自著から引用する。

「打席の中では、もちろん相手がありますから、打てないんじゃないかなと不安が沸いてくることもあります。でも、それを表に出したらダメ。じゃあ、どうするかといったら、やっぱり振ってその不安を振り払っていくしかない。だからいつも初球からガンガン振るつもりで打席に入っています。そういう姿勢で立てば、凡打になっても次の打席で生かされる」

1996年頃から、中村はフルスイングの代償で左手首の負傷に悩まされるようになった。しかし、痛みも前向きな気持ちで受け止めた。

「バットを振り込んだからこそ手首が悲鳴を上げて、ポキッと折れた。逆に、『勲章やな』と思いましたね。糧になると感じましたよ。負傷を通過して、生き残れるか、生き残れないかを判断されたのでしょう。かろうじて、生き残れました(笑)」

プロ入り9年目の2000年、中村はついに本塁打王を獲得した。こだわってきたフルスイングは、40歳になった今も貫いている。

「闘牛は赤いものを見るとバーッと追いかけるでしょ? 僕は白いものを見るとフルスイングしたくなるんです。この気持ちがあるかぎり、まだ野球をできると思います」

中村の生き様は、多くの人にはなかなかマネできないものだ。しかし、彼は自身を貫き、前向きなイメージを抱き続けたからこそ、数々の困難や理不尽な出来事も乗り越えることができたのだろう。

本物の超一流アスリートが持つメンタルは、凡人にも大いに参考になる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。