ラミレスに学ぶ、“左遷”をバネにする方法

外国人初の2000本安打を達成した男の生き様

外国人として史上初の2000本安打を達成したラミレス。その明るい人柄でファンからも愛されている(写真: 時事)

ビジネスマンにとって、人事異動はキャリアの行方を左右する転機になる。

希望どおりの部署に配属された者なら、新天地に高いモチベーションで臨むことはたやすいはずだ。しかし、左遷的な意味合いの配置転換をされた場合、やる気をなくし、新たな同僚を下に見てしまうこともあるだろう。

そういったわなにはまらないためには、どうすればいいのか。その心構えを教えてくれるのが、2013年4月6日、日本球界で外国人選手として史上初めての通算2000本安打を達成したアレックス・ラミレス(DeNA)だ。

「日本でおカネをもらって、1年でアメリカに戻ろう」

ベネズエラ出身のラミレスは2001年、短期間の“出稼ぎ”でヤクルトに移籍した。

ほとんどの外国人選手にとって、日本球界への移籍に“左遷”の側面があることは否めない。野球業界のグローバル市場において、トップは報酬、実力ともにアメリカのメジャーリーグだ。今年で来日4年目になるマット・マートン(阪神)の言葉を借りれば、日本のレベルは“4A”。マイナーリーグで最上位の3Aよりは上に位置するものの、メジャーには及ばないという意味だ。ラミレス自身、「メジャーリーグは、世界一。だから、日本に来ることは、マイナー落ちみたいなものだと思っていたんだ」と自著『ラミ流』で明かしている。

次ページ「日本の野球を勉強しに来たんだ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。