ラミレスに学ぶ、“左遷”をバネにする方法

外国人初の2000本安打を達成した男の生き様

外国人として史上初の2000本安打を達成したラミレス。その明るい人柄でファンからも愛されている(写真: 時事)

ビジネスマンにとって、人事異動はキャリアの行方を左右する転機になる。

希望どおりの部署に配属された者なら、新天地に高いモチベーションで臨むことはたやすいはずだ。しかし、左遷的な意味合いの配置転換をされた場合、やる気をなくし、新たな同僚を下に見てしまうこともあるだろう。

そういったわなにはまらないためには、どうすればいいのか。その心構えを教えてくれるのが、2013年4月6日、日本球界で外国人選手として史上初めての通算2000本安打を達成したアレックス・ラミレス(DeNA)だ。

「日本でおカネをもらって、1年でアメリカに戻ろう」

ベネズエラ出身のラミレスは2001年、短期間の“出稼ぎ”でヤクルトに移籍した。

ほとんどの外国人選手にとって、日本球界への移籍に“左遷”の側面があることは否めない。野球業界のグローバル市場において、トップは報酬、実力ともにアメリカのメジャーリーグだ。今年で来日4年目になるマット・マートン(阪神)の言葉を借りれば、日本のレベルは“4A”。マイナーリーグで最上位の3Aよりは上に位置するものの、メジャーには及ばないという意味だ。ラミレス自身、「メジャーリーグは、世界一。だから、日本に来ることは、マイナー落ちみたいなものだと思っていたんだ」と自著『ラミ流』で明かしている。

次ページ「日本の野球を勉強しに来たんだ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT