ラミレスに学ぶ、“左遷”をバネにする方法

外国人初の2000本安打を達成した男の生き様

日本野球にすぐさま適応

メジャーリーグで控えメンバークラスの実力だったラミレスは、来日前、「外国人としてホームランを打つことを期待されていて、それがいちばん重要だと思っていた」という。しかし、ボールになる変化球を振らせようとする日本の配球に戸惑い、外角のスライダーに空振りを繰り返すと、すぐに考えを改めた。

「ここは母国ではない。アメリカの野球を教えに来たのではなく、日本の野球を勉強しに来たんだ」(『Sponichi Annex』より)。

来日当初はレフト方向に引っ張る打球が多かったものの、徐々にセンター、ライトにも快音が響くようになった。その理由について、ラミレスは2000本安打を達成した後の会見でこう話している。

「日本に来たとき、若松(勉)監督から『素晴らしいパワーがあるのだから、引っ張ってばかりでなく、逆方向へ飛ばしたらいい』と言われた言葉を覚えている」

ラミレスは何とか自身を異国の環境に溶け込ませようとする首脳陣や同僚のアドバイス、心遣いを意気に感じ、彼らの声に耳を傾けた。そうして自身の打撃をバージョンアップさせていく。

「日本に長くいるにつれて、打率、打点、ホームランとバランスよく成績を残していくには、すべての方向に打ち分けることが必要だと思った。そうやって取り組む一方、『自分はホームランを打てるんだ』とも信じている」

次ページ技術と、筋道を立てて考える力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。