ラミレスに学ぶ、“左遷”をバネにする方法

外国人初の2000本安打を達成した男の生き様

日本野球にすぐさま適応

メジャーリーグで控えメンバークラスの実力だったラミレスは、来日前、「外国人としてホームランを打つことを期待されていて、それがいちばん重要だと思っていた」という。しかし、ボールになる変化球を振らせようとする日本の配球に戸惑い、外角のスライダーに空振りを繰り返すと、すぐに考えを改めた。

「ここは母国ではない。アメリカの野球を教えに来たのではなく、日本の野球を勉強しに来たんだ」(『Sponichi Annex』より)。

来日当初はレフト方向に引っ張る打球が多かったものの、徐々にセンター、ライトにも快音が響くようになった。その理由について、ラミレスは2000本安打を達成した後の会見でこう話している。

「日本に来たとき、若松(勉)監督から『素晴らしいパワーがあるのだから、引っ張ってばかりでなく、逆方向へ飛ばしたらいい』と言われた言葉を覚えている」

ラミレスは何とか自身を異国の環境に溶け込ませようとする首脳陣や同僚のアドバイス、心遣いを意気に感じ、彼らの声に耳を傾けた。そうして自身の打撃をバージョンアップさせていく。

「日本に長くいるにつれて、打率、打点、ホームランとバランスよく成績を残していくには、すべての方向に打ち分けることが必要だと思った。そうやって取り組む一方、『自分はホームランを打てるんだ』とも信じている」

次ページ技術と、筋道を立てて考える力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。