フリオ・フランコが語る超一流のメンタル術

野球、ドミニカ、そして、愛する日本について

日本のロッテでも活躍したフリオ・フランコ。メジャーリーグで数々の記録を打ち立てた、ドミニカの英雄だ(撮影:龍フェルケル)

第3回ワールド・ベースボール・クラシックで優勝したドミニカ共和国に、“生きる伝説”と崇められる元超大物メジャーリーガーがいる。バットのグリップを高々と掲げ、その先端を相手投手に向けたフォームでファンの人気を博したフリオ・フランコだ。

フランコはメジャーリーグで1991年に首位打者を獲得し、シルバースラッガー賞(各ポジションで最も打撃に優れていた選手に贈られる賞)に5度輝いている。1995、98年には来日してロッテでプレーし、小宮山悟や堀幸一、初芝清らに多大な影響を与えた。

フランコの野球人生で際立つのは、キャリアの長さだ。23歳のときにメジャーデビューを果たし、メキシカンリーグでキャリアに終止符を打った2008年には49歳を迎えていた。40歳を過ぎても果敢に盗塁を記録するなど若々しいプレーを続け、メジャーリーグで数々の最年長記録を打ち立ててきた。

なぜ、フランコは誰よりも長く、第一線で活躍できたのだろうか。現地で彼の自宅に突撃インタビューを試みると、超一流の秘訣をたっぷりと語ってくれた。

一流になる人間の情熱

――あなたはなぜ、長く超一流であり続けることができたのですか?

それはシンプルな理由だ。野球の試合が大好きだからだよ。理由なんてシンプルでいいんだ。40歳か41歳、42歳で辞める選択肢もあったかもしれない。でも、引退して家でゆっくりしたいという気持ちはなかった。だから、俺はプレーし続けた。

――野球への情熱はどこから湧き出てくるのですか?

俺は野球選手になるためにこの惑星に生まれてきた。それこそが情熱の源泉だ。タイガー・ウッズやブルース・リー、エルビス・プレスリー、ボブ・マーリーが彼らの世界で生きるのと同じ情熱だよ。落合博満がホームランを打つのとも同じだ。一流になる人物は皆、同じ情熱を持っている。エルビスはスタジオに入って4~5時間、曲を作るために情熱を傾けるだろ? それと同じことだ。

次ページ49歳までプレーできた理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT