フリオ・フランコが語る超一流のメンタル術

野球、ドミニカ、そして、愛する日本について

フリオ・フランコは今、牧師になったらしい――。

ドミニカ取材中にそんなうわさを聞きつけた筆者と写真家の龍フェルケルは、ガイドや街の人々の協力でフランコの自宅を探し出し、突撃インタビューをさせてもらった。

54歳になった現在、フランコは自ら経営するジムで筋骨隆々に鍛え上げ、すさまじいオーラを放っていた。彼と向き合った45分間はあまりにも濃密で、至福の時間だった。ロッテでプレーした2年間、野球に真摯に向き合う姿勢で日本人選手に多大な影響を与えたというが、よく実感できた。

特に印象的だったのが、フランコの来日理由だ。野球の世界に限らず、「日本人はオンとオフの切り替えが下手」と指摘されるが、ある意味、それは日本人の特性なのである。フランコに指摘され、そう気づかされた。

超一流と言われる者たちは、一流や二流よりはるかに努力を重ね、その境地にたどり着いている。フランコのメンタル術には、凡才が成り上がるために必要な要素がたくさん詰まっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。