ラミレスに学ぶ、“左遷”をバネにする方法

外国人初の2000本安打を達成した男の生き様

一般的に高い打率を残すためには、左右に打ち分けるのが打撃の基本とされる。だが、求められる技術が高く、誰にでもできることではない。

ラミレスが広角に打つことを可能にしたのは、技術と、筋道を立てて考える力があったからだ。筆者が『Baseball Times』で行ったインタビューで、ラミレスはこう答えている。

「右に打とうとする打者は、どうしても右を狙って打とうとしてしまう。でも右を狙って打つのではなく、ボールをしっかり引き付けてたたくことで、結果的に右方向への打球になる。右に打とうとして打つと、ファウルボールになってしまう確率が高い」

「右に打とう」と考えるだけでは、まだ漠然とした意識を持っているにすぎない。もっと細部まで突き詰め、自分の狙いを徹底することが重要になる。プロセスを明確にすることで、狙った結果にたどり着くのだ。

捕手のリードを徹底研究

ラミレスが続ける。

「ボールをどこで打つかが重要だ。内角のボールでも内側からたたけば、右方向に打球を打てる。左方向に引っ張ろうとしたら、体の前の方で捕らえないといけない。右方向に打つ場合、しっかりボールを引き付けて、内側からボールをたたく意識が重要だと思う。打席によって、どこに打とうかと意識することも重要だ」

来日から数カ月、ラミレスは凡退を繰り返した。自分はなぜ、打てないのか。そう考えているうちに、日米の違いに気づいた。

アメリカでは、バッテリー間で配球の主導権を握っているのは投手とされる。投手は捕手のサインが気に入らなければ、簡単に首を横に振る。だが、日本では捕手がサインを送り、投手がそのとおりに投げるのが一般的だ。ラミレスはその事実に気づき、思考と行動を変えた。相手投手の攻め方ではなく、捕手のリードを研究し、狙い球を絞ることにしたのだ。

次ページ自分の打ちたいところに投げさせる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。