ラミレスに学ぶ、“左遷”をバネにする方法

外国人初の2000本安打を達成した男の生き様

一般的に高い打率を残すためには、左右に打ち分けるのが打撃の基本とされる。だが、求められる技術が高く、誰にでもできることではない。

ラミレスが広角に打つことを可能にしたのは、技術と、筋道を立てて考える力があったからだ。筆者が『Baseball Times』で行ったインタビューで、ラミレスはこう答えている。

「右に打とうとする打者は、どうしても右を狙って打とうとしてしまう。でも右を狙って打つのではなく、ボールをしっかり引き付けてたたくことで、結果的に右方向への打球になる。右に打とうとして打つと、ファウルボールになってしまう確率が高い」

「右に打とう」と考えるだけでは、まだ漠然とした意識を持っているにすぎない。もっと細部まで突き詰め、自分の狙いを徹底することが重要になる。プロセスを明確にすることで、狙った結果にたどり着くのだ。

捕手のリードを徹底研究

ラミレスが続ける。

「ボールをどこで打つかが重要だ。内角のボールでも内側からたたけば、右方向に打球を打てる。左方向に引っ張ろうとしたら、体の前の方で捕らえないといけない。右方向に打つ場合、しっかりボールを引き付けて、内側からボールをたたく意識が重要だと思う。打席によって、どこに打とうかと意識することも重要だ」

来日から数カ月、ラミレスは凡退を繰り返した。自分はなぜ、打てないのか。そう考えているうちに、日米の違いに気づいた。

アメリカでは、バッテリー間で配球の主導権を握っているのは投手とされる。投手は捕手のサインが気に入らなければ、簡単に首を横に振る。だが、日本では捕手がサインを送り、投手がそのとおりに投げるのが一般的だ。ラミレスはその事実に気づき、思考と行動を変えた。相手投手の攻め方ではなく、捕手のリードを研究し、狙い球を絞ることにしたのだ。

次ページ自分の打ちたいところに投げさせる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。