凡人でも、コツをつかめば天才になれる

名コーチ、高橋慶彦の天才論

今期よりオークランド・アスレチックスでプレーする中島裕之。彼にとって、長嶋監督のフレーズはとてもわかりやすいという(写真:AP/アフロ )

長嶋茂雄のフレーズは、実はわかりやすい

プロ野球選手の独特な感覚は、少々理解しがたいものがある。いわゆる「天才」と言われるタイプになればそれはなおさらで、同業者のプロ選手さえも「わかりづらい」と言うほどだ。

「感覚の話は、人にはあまり話さないですね。だって、『わからない』って言われますから」

そう語るのは、今季、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスに移籍した中島裕之だ。彼と、長嶋茂雄について話が及んだときのことである。

中島はプロで頭角を現し始めたプロ入り4年目の2004年、春季キャンプで長嶋からバッティングの指導を受けた。

「ボールがスッと来たら、バットをカーンって振ればいい」

長嶋のあまりにも有名なフレーズが、中島にはとてもわかりやすかったという。

「力の入れ具合をわかりやすく言ってもらった感じです。『スッ』ていうのはボールの音の大きさ。『カーン』はバットがボールに当たる瞬間の音。音の種類によって、力の入れる具合を同じようにすればいい。音の表現が『ガーン』だったら、もっと強く振ればいいんです。その音が表現されているように動かせばいい。僕にはめっちゃわかりやすかったですね。松井稼頭央さん(楽天)もわかりやすいって言っていましたよ。天才だからわかる感覚? 関西方面の人にはわかりやすいんだと思います(笑)」

次ページ「要はコツだからね」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT