凡人でも、コツをつかめば天才になれる

名コーチ、高橋慶彦の天才論

「臆病者」だから、大選手になれる

現役時代に5度のベストナインに輝き、79年には日本シリーズのMVPに選出された高橋だが、城西高校から74年にドラフト3位で入団した頃は「下手だった」と振り返る。

そんな高橋が大選手になることができた理由は、「臆病者」だからだった。

「下手はうまくなるんだよね。僕らみたいな世界では、自信家より臆病者のほうが成功すると思う。臆病者って、毎日怖いじゃないですか。僕もそうだったけど、プロに入って1年でクビになると思っていた。周りの選手はみんな、マシーンで打ったら10球のうち7、8球はバットの芯でいい当たりを飛ばしていたからね。でも、僕はボールに当たらなくてさ。一応、高校では4番を打っていたんだけど、プロのレベルはまったく違った。それで、『クビになってもまあ、いいわ』と思って。どうせクビになるんだったら、それまで精いっぱいやろうっていう気持ちだったね」

高校時代に右打ちの投手だった高橋は、プロ入り後、ショートに転向する。当初はノックのゴロをはじいてばかりで、外野に回された。しかし数年後、監督の古葉竹識は周囲の反対を押し切り、高橋に再びショートを守らせる。当時の外野には山本浩二、水谷実雄、ジム・ライトルと実力者がひしめき、ショートのほうがレギュラー奪取の可能性が高かったからだ。高橋はあえて小さいグローブや、板のような形状のグローブを使って守備練習を繰り返した。そうしてコツをつかみ、球界を代表するショートになった。

ポジションを変えたばかりではない。プロ入り4年目の78年には両打ちに挑戦した。俊足を活かすため、監督の古葉に命じられた。「足はあるけど、このまま右打ちなら、代走か守備固めの選手で終わってしまう」と古葉は考え、何とか高橋を活かす術を探した結果だった。

次ページ考えて打ってはいけない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT