「つらい記憶」をバッサリ断ち切るための心得

過去の出来事はもうそこには実在していない

繰り返すごとに、潜在意識の記憶の調整が行われ、潜在意識の中にあるつらい記憶が薄れていきます。

「こころ」は意図的に、強く鍛えることができる

人間は次に起こる出来事を予知できません。それは「傷つくことを避けられない」ということと同義なのです。できるだけ傷つかぬように……と考えたところでそれは無理な話です。そう考えると、望ましいのは、いかにその記憶をコントロールしていくか、ということになります。記憶をセルフコントロールすることは、精神力や人間力の強さへとやがてつながっていくのです。ほとんどの大人がさまざまな経験を経て、心を強化していきますが、このように、心を自分の力で意図的に強くしていくこともできます。このワークもそのひとつなのです。

『「感受性」を調整すればもっと気楽に生きられる。」(Clover出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

この訓練が身に付いてくると、人はやがて動じなくなり、まるで体に芯が1本通ったかのようにどっしりとおおらかに物事を受け止められるようになっていきます。この訓練を繰り返すこと自体が、嫌な記憶を薄めるだけでなく、その心を鍛えていくトレーニングそのものなのです。そうして鍛えられた心は、ビジネスでも多くの面で役に立つに違いありません。人間の器も大きくなり、人間力の成長にも寄与してきます。

心理学を上手に使うと、行動を制限し、生きづらくさせていたたった1つの出来事さえも克服できるようになり、まったく新しい人生が開けてきます。「こころ」を意図的に強く鍛えることは、自分を記憶の檻(おり)から解き放って、なにものにも縛られない自由な心を手に入れることに違いありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT